タイダム族 正装上着 ・・・ スゥア ローン

 ラオス・シェンクワン付近に住む タイ・ダム族の若い女性が クゥアン(精霊)の儀式の際に着用するローブ状の正装上着で「スゥア・ローン」と呼ばれる。

 布地は木綿で 色々な布(木綿・絹、プリント生地もあり)の切れ端をパツチワーク(アップリケ)のように縫い付けている。袖部分は 白の厚手の木綿生地を使用。裾には タイ・カァウ族独特の浮織り布(この織り方はタイ・ダム族には無い)で装飾を施しているが 民族間の交流・文化融合の産物なのだろうか。

上着内部(全面黒色)にも 僅かに布での装飾が施されていて リバーシブル的仕様になっている。
 タイ・北部に住む タイ・ダム(またはラオ・ソン)も 儀式の際には 「スゥア・ヒィー」と呼ばれる これと似たような形式の上着(男女共着用)があるが ラオスとは 使用方法が相違している。
 
 裏側(内部)に 刺繍・パッチワーク状に装飾を施し 表側には 僅かな装飾に止まっていて 丁度 上記のラオス使用とは 逆になっている。で 死んだ時に 引っくり返して その裏側(装飾)部分を見せて お棺に掛けるという。

 裏側の装飾に使用する布は おばあちゃんが織った布、お母さんが織った布など 近親者の形見が多い。ルーツは同じだが タイとラオスでは使用方法が相違する事情・背景をテーマにした論文が成立するのではとも 今は 思っている。いつか この悩みが 簡単に解決するかもしれないが。

 時に 外人が この上着を手に入れて エスニック衣装として着る人が居るそうだが 着方は 派手な色の部分を表側にしてしまう。 タイの現地人は 「死人が歩いている」と 失笑するそうだ。確かに 民族衣装展などでも どうしても 華やかな側を 表にして 展示することが 多いのも一因か ?
tribes home patch