パー・カーティアウ

 相撲力士の化粧まわしに似た着け方で 布飾りが 前とうしろに垂れる ラオス南部特有の男性用腰周り布。要は 「ふんどし、褌、フンドシ」 です。
 パーカーティアウと言い 以前は 日常用で そのコミュニティーのステイタスにより飾りの華麗さが相違したが 今は 冠婚葬祭時に使用されている特別な 木綿民族布。 立派な装飾のものを手に入れるのは至難。 しかし、褌仕様であり、アンティーク と なると、品定めの際には、いささか 感じるもの が ある。

 ンゲ(Ngae,Nge, Nhae,Ngkriang)族

 ラオス少数民族。アウストロアジアティック。ラオス南部のサラワン、チャンパサック、セコン県に住み 民族人口は 1万人内外。
元来は アニミズム信仰で シャーマンを抱いていた。セコンとサラワンの県境辺りでも 偶に 見かけるが 住居の入口周辺に 象形文字のような白い模様が描かれている。  

 タリアン(Taliang,Tarieng)族

 アウストロアジアテック。ラオス南部のセコン、アッタプー県に住み 民族人口は 2万5千人程度。 
 1 タリアン族 全長361cm 重量390g
 2 ンゲ族      全長442cm 重量430g
 3 ンゲ族      全長484cm 重量980g
 腰織り機を使用し 糸は ナチュラル・ダイイング。
 ンゲ族は ビーズを多用する。

 ビーズの量、織りの華麗さがステイタスの上下を示す。白の部分は ビーズを織り込んでいる。
 タリアンは 太く撚った緯糸を 経糸からはみ出して 豪華さ・勇壮さを演出。 ビーズ使用は 模様部分等わずか。 ビーズは 緯糸に通して 織りこむ。 飾り布部分の幅広さ・長さがステイタスの上下を示す。 この布は 太い緯糸が 2,7,9,9,10本の間に ビーズで 菱形、X形、V形を織りこんでいる。 腰周り部分布は 簡単なムック技法も加えている。 飾り布は前後でビーズ模様は変化を付けている。

 アッタプーの新築ホテル・ロビーの正面にある 太くて長い柱に これを天井から垂れ下げて 途中 籐の小さなバスケットでタックをとり 飾り布部分が 床にある 大きな籐のバスケットの蓋に 載せていたが 本当に 見栄えがした。

飾り布部分    緯32cm 経44cmと37cm (除く房部分)  腰周り布部分 緯32cm  経280cm   
 全長 361cm   重量 390g
 ンゲは ビーズを経糸に通して織りこみ 飾り布の両端はビーズを緯糸に通している。 経24列のビーズの後 撚った緯糸を 18,13,14,12,10本の間に 十文字・三角形のビーズ模様。
 経糸はみ出し部分の緯糸は 黒糸で括って房状に。 経糸には ムック技法の細かい模様。 現体制発足25周年特別イベントだった 2000年のタート・ルアン祭りの見本市で みつけた。

飾り布部分    緯24cm 経49cmと45cm (除く房部分) 腰周り布部分 緯23cm 経348cm
 全長 442cm  重量 430g
 セコン県で 必死に探し求めた ンゲ族の布。 もっと大きく ビーズ使用も豊富で その模様も精巧な立派な布を 実際に見たことがあるが これ以上の入手は極めて困難で断念した。 経糸に通した72列のビーズの後 25,22,20,18,16本の撚った緯糸を織りこむ。 落ち着いた 深みのある染色。 経糸には 簡単なムック技法模様。
 飾り布部分  緯32cm 経70cm(両端とも、除く房部分)  腰周り布部分 緯31cm   経344cm
 全長 484cm 重量 980g
tribes home patch