グループ/数
人口500万人弱のラオスは 1995年の国勢調査では 47の民族グループがあり 更に 149に分かれています。
Lao Loum/Lao Theung/Lao Sung と 住む場所の標高により 三つに大きく区分され 顔・服装の特徴を示して 
1000キップ札に印刷されています。
/L;ラオス(Laos)産   /B;ミャンマー(ビルマ/Burma)産  /T;タイ(Thai)産  
下と同種の布  実装写真。村の地位によって 模様・重厚感が違うらしい。
フィリピン北部の少数民族・ボントック族が似た物を着用している。 /L
下の布は ブランケット・カーテンに使用。洗濯後 乾燥中のタイルー族  /L
(「アジアの布と暮らす」アートダイジェスト刊より)
下と同種の布(頭巾)の実装写真 /L
 タリアング族の儀式用フンドシで カーティアウという布。 なかなか見つからず 諦めていたが ある町の宿の自宅に飾ってあり 無理言って 譲ってもらった。念願がかなった。
ラオス南部のンゲ(Nge)族は ビーズも使う。  /L
赤と黒色の魔除け模様の布  /L タイ・ダム族の刺繍模様の頭巾(「パー・ピィヤァゥ、Pha Pieo」)と肩掛けバック。このバックは 7歳程度の女の子の手作り。   /L
シャン州中国国境モンラー近郊の
サムトーク族の木綿    /B 
タイ北部 タイユワン族。縁糸に沿って 奇妙に色分けて染められた布   /T コットンシーという綿織物。
地模様と裾に象の浮織り模様   /B
金属片を縫い付けた バティツク   /T 形・模様でどの民族かが判るバック 
手織りのものを 好きな男の子にプレゼントする 日本の手編みマフラー的 
モテル男の子は数本を使い分ける  /B
タイ北部地方のバティック、貝殻も   /T
タイ・ラオスの国境で唯一 「徒歩」での入出国が許されるポイント。
向こうがラオス側だが 2000年 写真右奥の建物付近で 爆破テロ事件があった。
cotton home tribes2