織物/おりもの を話題とした トピックス 気になる記事・題材を 見つけた時に UPしています。
 Topics(18/AUG/05)

南部パクセの農園で 黄金色に輝く 繭

 「ラオスのベンチャー青年」として知られる経営者、ワンナダ・ポンマサティ(32) さんは 「手織りの風合いや光沢を守りながら、大量生産を実現できるだろうか」と 悩む。 ラオスの農村では、民族ごとに異なる文様の絹織物を作る伝統がある。 女性たちは農閑期に蚕を育てて、小遣いを稼ぐ。

南部パクセの農園で、黄金色に輝く繭を作るラオス原産の蚕を増やしている。 「将来的には生糸も輸出したい」と夢を語る。

・・・・・

 タイは8月に最低賃金が 1日 151バーツから 181バーツ(2割のコストアップ・約490円)となり、タイ進出の日系企業は 悲鳴を上げている。 だが、ラオスは 諸手当を含めても 1日50バーツ と タイの 三分の一だ。 タイに進出している日系企業の2番目の工場を誘致する ラオス政府の戦略は現実的だ。

(毎日新聞 東京朝刊) 

 Topics(26/JUL/04)

ラオスシルク製品輸出高は この半年で 9億円

 ラオス政府は、日本と 両国間における「貿易投資優遇施策に関する基本覚書」を取り交わした。 この覚書は、ラオス国立商工会議所と日本貿易振興機構(JETRO)との間で締結された。

 覚書の内容は、 日本及び世界各国で認知されている国際品質基準に合致している 50品目のシルク製品を 輸出することを 確認するというものである。
ラオスのシルク製品は、 他の国の製品に引けをとらず、市場価値があり、日本は、近い将来 ラオスのシルク製品を 日本のみならず 世界各国の市場に 広めていく計画であると JETROの幹部は 話している。
加えて、ラオス・シルク製品としてのブランド力を高めるために、東京他各都市において、商品展示会・見本市を 開催するとしている。

 ラオス手工業界の統計数字では、2002年から2003年通算での シルク製品輸出は 約2百70万USドル(324百万円)程度であったものが、今年は この半年で 7百50万USドル(900百万円)に達している という。

( 2004/AUG/21 付 BharaTextile.com )

 Topics(21/JUN/03)

好調なラオス手工業製品輸出

 ラオス国の経済発展の重要な位置を占めている 手工業製品の輸出が 2002年10〜3月の上半期で 14.7%増と 好調に推移しました。
ラオスの手工業製品のおもな物は 絹織物、木綿の服、 および木製・銀製の彫刻品で ほとんどが 日本、アメリカ、ヨーロッパ向けに 輸出されています。

(2003/JUNE/05 付 Vietnam News Agency )

 Topics(25/OCT/02)

コンピューター供与により ラオス繊維製品・織物の輸入を促進するEU(ヨーロッパ連合)

 ラオス衣料品部門の主要な買い入れ相手である EU(ヨーロッパ連合)は 今週 ヨーロッパ市場向けラオス繊維製品・織物の輸出を飛躍的に発展させる目的で ラオス商務観光省あてに 2台のコンピューターを 供与しました。

 このコンピューターは 通関手続きをスムーズに進めるために ヨーロッパ各国当局にデータを送ったり 輸出関連書類を処理するのに 使用されることを期待されています。また 輸出許可証及び原産地証明となる「GSPフォームA」と呼ばれる書類の手続きにも 使用されます。入力されたデータは 定期的に ヨーロッパ委員会あてに送られ 輸入手続を行なう際に ヨーロッパ各国が 利用することになります。ラオスからのEU向け貿易の ほぼ95%が この新しいシステム、コンピューターによって 処理されることになる見込みです。

 ”ラオス−EU織物協定”に基づいた貿易である ラオス繊維製品・織物は ヨーロッパ向け輸出産品の根幹を成すものとなっています。この協定、取り決めに基づき ヨーロッパ委員会は その実を挙げるべく ハード、ソフトの両面にわたり 必要な手段をラオス関係当局に提供することを約束しています。

 今回のヨーロッパ委員会派遣団の一人である ボブ・ボールドウィン氏は 次のように語りました。
「1998年に初めて 商務省及び商工会議所に提供して以来 今回で6回目となります。ラオスの繊維製品は 相応の書類手続きは必要ですが EUとは 関税及び輸入割当の面で特恵待遇を受けています。ラオスは コンピューター利用による電子的方法で 輸出手続を大幅に改善することとなった最初の国々の一つです」

 最近 EUとラオス間の貿易は EUが後進国あてに相互貿易援助支援施策を取っていることもあって 発展してきています。ラオスとEU間の貿易は ラオスの繊維製品・織物を中心に動いています。ラオスの繊維製品・織物は 2001年には EU向け輸出量の93%を占めるまでになっています。金額的には 90百万ユーロ(1ユーロ=120円として 108億円)を超え ラオスの輸出全体の5分の1程度になっています。

 1990年代の後半になって ラオスの繊維製品・織物は EU市場で関税・輸入割当の面で特恵待遇を受けることになりました。また 法律、規則について特別扱いあるいは手続きの簡素化などの恩恵を受けています。

 ラオスは また 2000年3月にEUが打ち出した ”武器以外はあらゆる物を”という施策にも助けられています。この基本スキームは 後進国が 武器及び関連商品以外のあらゆる産品をEU向けに輸出する場合には 関税、輸入割当の面で 特恵待遇を施すというものです。

(注;因みに タイからのEU向け繊維製品の輸出額は 1600億円程度の模様です)

(25/OCT/02付 ヴィエンチャン・タイムスHP記事)

 Topics(10/JUL/02)

ラオス手工業織物業界が USA市場食い込みを議論

 2002年7月9日 ラオス織物に関わっている専門家と生産者がヴィエンチャンに集まり 競争が激しいUSA国内市場に いかに 食い込むかについて 議論をした。

 ラオス商務省の手工業担当局長である リェン・カムプゥアン氏が 国内手工業産業の品質向上と マーケット競争力を いかに高めるかの道筋を 模索する目的で 開催した。 手工業産品のデザイン関連の専門家も参加し 実際の市場(マーケット)の状況をしっかり把握して それに適合する産品を いかに 作り出すかだと 述べた。 

 その専門家は USA・ASEANのマーケット・ニーズ及び消費者のマインドを 小規模手工業生産者に理解させる 何らかの政策支援が必要とも 述べた。 この会議に参加したのは 工業開発促進調査センターの専門家達と カムムゥアン県・サヴアンナケート県の手工業織物業界の人達であった。参加したのは 27人であった。

(10/JUL/2002付  Lao  NA記事)

 Topics(07/JAN/02)

2002年のラオスGDP予測

 ラオス政府は 2002年の国内生産部門でのGDPは 22〜23%の成長率を見込んでいる。
ラオスにおける織物産業は 年間 4〜5百万ドルの生産となっており 今後も促進策により 年々コンスタントに 成長すると 期待されている。

(by the Ministry of  Industry and Handicrafts,

the Lao News Agency=Lao NA : Khosane Pathet Lao= KPL 記事)

 Topics(26/OCT/01)

タート・ルアン祭りの見本市

 10月25日の午後 首相が出席して行われた 毎年開かれている見本市の 2001年オープニングを見るため 数千人もの人々が タート・ルアンに集まりました。見本市は 国内生産の促進・助成と それに携わる人々に対して 交流・新たな市場の開拓・商品の展示の機会を設けるために 毎年開催されています。

 今年は ラオスの経済発展に不可欠な国内手工業製品が所狭しと 570以上もの出店ブースができました。それと 海外の国と組織、大使館、外国企業も 参加しました。去年は461の出店ブースでしたので 確実に 参加者が増えています。
 でも まだ 今年も 外国企業からの出店の多さが目立ち 出店しているラオス国内生産者(ほとんどが手工業製品)の影が 去年以上に薄くなった感じがします。 これは 去年の見本市は ラオス建国25周年記念行事の一環として 全国全ての県から 有力な生産者が集まって 開催されていたという事情もあると思いますが。

 今年のタート・ルアンの祭りでは ちょっとした出来事があります。それは 祭りに来る人は 普段着ではなく 一張羅の服で着飾って 特に 女性は ラオス人固有のスカート(シン)を着用するだろうということです。 ヴィエンチャン市の情報文化局が 最近 通達を出したからです。
情報文化局では 「これに沿わない人は お祈りができる地点までは行かせないつもりです。外人には適用しませんが。 自国のしきたりを今一度見直してもらいたいことと この機会に正装を着ていただきたい という主旨です」と 述べています。

 見本市正式オープニングには ブンニャン・ウォラチ首相、ヴィエンチャン市長、多数の閣僚・政治家が 参加しました。テープカットの後 首相は 各出店を回り 国内の農工業製品には 特に 関心を寄せていました。
 この見本市は 旧暦12月の満月の日(今年は10月31日)に行われるタート・ルアンの祭りと 毎年同時に 開催されています。ラオスの人々は ラオスの象徴であるタート・ルアンの塔に 1年間の祈りを捧げるために 集(つど)います。

(26/OCT/01付 ヴィエンチャン・タイムスHP記事)

 ラオスの タート・ルアン(タットルアン)の祭り

 祭りは 満月の13日(今年-=2001年 = は10月29日)にワット・シームアンで催される ”プラーサート・プゥーン” の行事でスタートします。 プラーサート・プゥーンの行事は 宗教儀式としてだけではなく ヴィエンチャンの守護神・市柱であるニャー・メー・シームアンを称えるものでもあります。

 プラーサート・プゥーンは ワックスを削った花で飾られたバナナの木で作られた 小さな宮殿で お札とか色々なお供え物も添えられます。このワックスの宮殿は 各家庭、村、団体組織、企業毎に作られます。そして これらが一斉に 午後7時頃に お寺の境内に集まり ほぼ8時頃までには 行列ができます。 特にし切る者がいるでもなく カラフルで それは 賑やかなものです。 本堂(シム)を3周(ウィエン・ティエン)してから プラーサート・プゥーンは お寺に捧げられます。 それから 仏陀に火の花を捧げるという意味で 花火が始まります。

 翌日 満月の14日(今年は10月30日)には 午後1時頃 ワット・ノーンボーンに プラーサート・プゥーンが集まり 午後2時頃には タート・ルアンに向けて 行列が進みます。 塔(ストゥーパ)を3周してから プラーサート・プゥーンを 僧侶に捧げます。仏陀と タート・ルアンを称えるのです。
 満月の15日(今年は10月31日)には 僧侶へのお供えの儀式 厳かな ”タークバート”が タート・ルアンで行われます。この儀式は 通常は タート・ルアンの回廊の中で執り行われますが この祭りの時は 全国各地から 参集する僧侶が増え続けていて 僧侶と信徒は セーターティラート王の像の周り 時には 参道までにも 場所を確保します。

 市の名士は ”トリピタカ”への忠誠を示す、タート・ルアンに特別なお経を唱える、五つの垂示を受け取る、死者を癒すために地面に水を撒く、僧侶にお供え物を渡す等が行われる儀式に 参加します。
この儀式が終わると タート・ルアンの周りでは 沢山の人が ピクニック気分で 近くの屋台で売っている「カオプン」(肉のスープに刻んだ野菜が入った麺)とか 「ピン・カイ」(焼き鶏肉)とか 「カオ・ラム」(竹の節にココナッツミルクを流して料理したご飯)を 食べます。

 午後には ”ティーキィー”と呼ばれるホッケーが開かれます。 元来は 市の名士と庶民との間の儀礼的なゲームで 常に 庶民側が勝つことになっていましたが 今では ヴィエンチャン市から選抜された2チームによるスポーツ行事になってしまいました。竹の根で出来たクラブを使い 相手ゴールに木製のボールを入れます。ボールを お寺から競技場まで運ぶ行列は ラオス伝統楽器の奏者、踊る人、市当局者で それは 厳かで カラフルなものです。

 タート・ルアンの祭りは 午後7時半頃に始まる キャンドルによる塔のライトアップで 最高潮に達します。 お祭りは 仏像と塔の周りに輝いている火の花を消すことで 終わりを告げます。 タート・ルアンの祭りは 今年は 10月25日から 31日まで 開かれます。
▲  このページの先頭へ
 Topics(28/MAY/01)

バンコク・エアウェイズの新国際線

 昨日 バンコク・エアウエィズ社は 今年10月に タイ・スコータイから ラオス・ルアンプラバン(ルアンパバン)線と 中国・景洪(ジンホン)線を開設すると発表した。 バンコク・エアウェイズの社長は ルアンプラバンには 週4便、景洪には 週3便を予定し 現在 景洪でのオンアライバル・ビザ取得について 中国政府の承認待ちであると語った。(以下略)

(28/MAY/01付 ヴィエンチャン・タイムスHP記事/タイ・The Nation取扱)

 Topics(26/APR/01)

ラオス・ルアンプラバンはビジネス花盛り

 ルアンプラバンの人達は 世界遺産に登録されてから この町が世界的に有名になり 収入を得る機会が増えたと言っています。
 収入を得るには ビジネスを始めるのが 一番良い方法なのですが 今や ルアンプラバンでは ビジネス真っ盛りです。
 宮大工的建築業者は 世界遺産登録以来 沢山の収入を得ています。ルアンプラバンには本当に多くの 世界遺産の中心となるお寺とか建物があり その修繕・補修需要があるからです。

 ルアンプラバンのバーン・パノム(パノム村)で 織物を製造している チャンスリ・ヴィライポン女史は 次のように言っています。
 「私の家族は 今 家族全員と仲間で織った布を売って 一日平均 約500,000キップ(1ドル=8,000キップ)の純利益を得ています。家族全員 満足な生活が出来て これまでとは 較べものにならない程 豊になっていると 実感しています。これまで 現金収入を得るのは ほんとうに至難でした。これまでの焼畑農業では 自然を破壊し続けるだけで 生活し続ける術(すべ)は 何にも得られませんでした」

 彼女は こうも 話します。
 「世界遺産として全世界に知れ渡って以来 この地方・村の暮らしは 大きく変わりました。これまでの暮しに根付いていた技術で どんな家族でも 現金収入が得られるようになり 機織りでも 収入が得られるようになりました。村には 観光客目当てに 織物の市場(いちば)が出来ました。ラオスのピーマイラオ(ラオス旧正月)は 色々な外人・観光客が この村に押しかけて来て  私達にとっては 稼ぎ時です」

 「これまでは 12世帯だけが 織物に携わっていましたが 今では 80にも及ぶ世帯が 市場で 織物を売っています。自分で店を持っていない人達も この市場にやって来て 自分達の織った布を売って 現金収入を得ています。これまでの 焼畑農業は もう 終わりに近づいています。これまで なんで こんなに苦労して来たんだろう なんて と思うと 今の状況は 嬉しくなります」 

 バンパノムは 織物の村として有名になりました。ルアンプラバンを訪れる 外人・観光客は この村に足を運び 今まででは考えられない様な値段で 織物を買って行きます。この効果は近くの村にも及んでおり パン・ラウン村は 陶器で稼いでいますし タペン村は 観光土産雑貨で 有名になっています。

 最近  ピーマイ・ラオのお祭りの際に ルアンプラバンでは 各地から 持ち寄って 物産市が 開かれるようになりました。先週 水掛け祭りの ピーマイ・ラオを見るために訪れた外人・観光客には この物産市は 大好評でした。

 この物産市で 陶器を扱っていた パン・ラウン村の バウンティ氏は 次のように 話しています。
 「多くの外人・観光客が押し寄せる この物産市には 作った陶器を 毎年 売りに来ています。毎年 毎年 半日で 少なくとも 500,000キップの売上があります。今年は 陶器だけでなく お寺のお祭りの際には 必ず売られている 旗(トゥング)を作って 売りました。今年は これまでになく多くの外人・観光客が 物産市に押し寄せたこともあって 本当に売れました。他の 旗売りの店も 売り切れが 続出しました。」 

 彼は ルアンプラバンが世界遺産に登録されてから ビジネスが促進されて 本当に感激と言っています。 「ピーマイ・ラオなどの特別なお祭りの機会だけでなく 陶器を買い求めるため 外人・観光客が 常日頃 私の店に来てもられるようになりました。この村の多くの家族が 陶器作りで 現金収入を得られるようになり 生活も改善されました。」

 物産市効果の もう 一つは モン族の布です。物産市では 彼らの 50以上の集落から 各々 小さい店を開きました。外人・観光客は それらの色取り取りの 刺繍布を 一堂に 見ることができ モン族の生活の一端を 垣間見ることができたハズです。
 ある観光客は 「これは モン族には 収入を得る良い方法だし 外人にしてみれば モン族を知る良い機会です。こんな機会がもっともっと増えれば モン族の人達の生活改善にも繋がるでしょう。私は モン族が刺繍している姿が好きですし 独特な刺繍布も 本当に好きです。」と言っています。今年の物産市では ラオスの織物が 本当に 人気を集めていました。 

(24/APR/01付 ヴィエンチャン・タイムスHP記事)

▲  このページの先頭へ
 Topics(17/MAR/01)

草木染めで発展するラオスの村

 ポル・グン村は 染めの材料、染物の村ですが 最近 絹糸を染める新しい方法を生み出し 手工業の技術を 各地に広めているグループの注目を集めています。この村のポン・ホン地方は 織物が盛んで ヴィエンチャンのモーニング・マーケットで売られており 海外にも輸出しています。この新しい染め技術は 化学染料で染めるより 絹布が 長持ちします。この地方にある草木で染めるものです。

 この村のグループの一人は 「私は 村の周辺にある草木で染めています。この方が安上がりなのです。草木で染めるのは 化学染料で染めるより 絹糸を痛めないので 長持ちするのです。また 化学染料に比べて 色褪せしにくいのです。それは 色々な種類の草木の材料を混合するので 色の性質がしっかりしているからです」と 言います。手工業技術グループが 最初にこの染め方法を使い始めましたが チャンパサック、ファパン、ヴィエンチャン等の各県から この村の仕事を視察に来ました。

 トゥンカム・サイヤラー女史は 1998年に手工業グループを立ち上げましたが 最初に この方法を取り入れました。彼女は「私は 12歳から お母さんと一緒に織物をしています。織物は家族の生活を豊にし 安定した収入を得られます」と言っています。この手工業グループは ボケオ県、ファパン県産の野蚕の絹糸を使っています。

 12人の このグループのメンバーは 一カ月に 一人 約500,000キップ(1ドル=8,000キップ)の収入を得ており 織物を始めようとする人々に 資金貸与もしています。トゥンカム女史は クアン・ナム・グン(ナムグン・ダム)の前で 手工芸品店を開いており ドイツ、英国、カナダにも輸出しています。   (**  ポン・ホン地方はヴィエンチャンとバン・ヴィエンの ほぽ中間地区 **)

(16/MAR/01付 ヴィエンチャン・タイムスHP記事)

▲  このページの先頭へ