時は 今は昔 昭和の終わり頃の お話(新聞記事)でございます。

平成景気を謳歌し 平均株価が三万円を超えた時代の 古いお話です。
1990年06月30日付 日本経済新聞 ”春秋”の記事です
 青森県森田村が タイ東北部のウドンタニ県と珍しい交流を始めた。村の有志がウドンタニの中学生たちに奨学金を出す。
卒業したら地元で働けるよう、伝統技術である染織の工場を建設する。

製品は森田村が輸入し、村の特産品といっしょに国内で販売する。
地方レベルの国際交流は盛んだが ここまで踏み込むのはちょっと例がない。
 津軽半島の付け根にある森田村は、ご多分にもれず若者の流出に悩んでいる。

たまたま東京のボランティア組織から、 ウドンタニの中学生に年額一人一万円の奨学金を、という要請があった。
タイの義務教育は小学校だけ。農村に働く場がないから、卒業すると都会へ出てしまう。

「うちの村と同じじゃないか」と役場が希望者を募ったところ、二十四人が手を挙げた。
 共通の悩みを持つ農村のこと、話は通じやすい。 昨年11月、まず村会議長らが 6台のミシンを携えてウドンタニを訪問した。

森田村が援助する染織工場の建設については、地元も官民あげて進めることが決まった。
しかし、今ある製品をそのまま持って来ても日本人好みではない。 森田村としても地域の特産品と組み合わせる以上、
売れない物は輸入できない。

デザインの開発から森田村の協力が欠かせないわけだ。
 過去2回の訪問で 染織だけでなく ランの栽培も盛んなことがわかった。 この技術を森田村に導入することはできないものか。

29日帰国した第3回訪問団の25人には、森田村で ランに関心を持つ人も含まれており、お土産が楽しみだ。

農村の自治体同士が力を貸し合って相互の発展を目指すこの試みは、「森田村タイ農村共同村おこし事業」と名付けられた。


つがる地球村構想



** 森田村は 縄文土器を使った石神縄文太鼓を製作・実演する若者グループや 森田縄文こけしを試作する若者が現れ、
ハム・ジュースづくり、菓子づくり、森田りんご1本地主 募集などの農産加工事業が進められています。

コメとリンゴの純農村であった森田村が”地球”という視点から21世紀に向かって大きく羽ばたこうとしております。 ** 
 (森田村村長の ごあいさつ)


つがる地球村構想のパンフレット 表紙写真は「森田縄文こけし」

 表紙には ”森田村は青森県津軽地方、岩木山の北麓にある
人口5千人の小さな村です。

Plan for Tsugaru Earth Village” とある。
標題は 「タイ王国ウドンタニ県と津軽・森田村を結ぶ。
人と心とモノのコミュニケーション。」

 ACT.1から.7まであり 最後の頁に
”森田村タイ農村共同村おこし事業”がある。
  さて この結末は いかが あいなっただろうか? 青森県西津軽郡森田村の公式ホームページを 見ますと 
「タイ」の言葉は どこにも見当たりません。
  http://hello.net.pref.aomori.jp/morita/ 

(( 森田村は、2005年2月 合併により 「つがる市」へ。 http://www.city.tsugaru.aomori.jp/ )) 
 
日本全土が東京、銀座、高層ビル街と思いこんでいる タイ東北地方の方々に対しては 都会発想の「国際援助」ではなく 
この日本の過疎地域発の「協力・共同」の構想は 今でも 極めて新鮮なものと思って います。
2001年2月に発足したタイの現タクシン内閣も 選挙公約の実現のため 一村一品運動に似た
 1タムボン1産品プログラム、1村100万バーツの村落基金 など 地方経済の活性化策に 取り組んでいる。