ラオススカート title

ラオス・スカート シン・ミー

赤と黒の絹・緯絣(マットミー)と 絹・浮織りのラインを交互に織り込む ラオスの巻きスカート(the tubular skirt/sin)。
  「シン・ミー」と呼ばれる 北東部のタイ・デーン族、タイカオ族独特のファッション、スカートです。
 ここに紹介した「シン・ミー」は 一定のパターンの模様を繰り返していますが
浮織り模様、絣模様・色を 全て変化させたシン・ミーに出会ったら 何が何でも 手に入れるべき と ある人に教えられている。
アジア染織用語一覧 (パー)シン・ミーは こちら
ラオススカート e ラオススカート f
body部分
長さ 70cm

浮織り(絣の細縞含む)+黒絣+同一模様の浮織り+赤絣の模様パターンを 48cm幅で繰返し

経糸は黒色
body部分
長さ 73cm

浮織り(絣の細縞含む)+紺・絣+別模様の浮織り+赤・絣の模様パターンを 46cm幅で繰返し。
2種の浮織り模様が織り込まれており 手間がかかる
経糸(画像では左右方向)が赤色のため 紺絣は紫色の効果
skirt全丈
    95cm (緯糸)
skirt全幅
  174cm  (経糸)
重さ 290g
 腰布部分
13 cm

青色・木綿
 skirt全丈
 95cm  (緯糸)
skirt全幅
167cm  (経糸)
重さ 260g
腰布部分
13cm

白色・木綿
絣の幅
11cm

使用色数は7色
 色使いが繊細で 細かい括りを多用
裾部分
12cm

木綿・縞筋模様あり
華やかな浮織り布は使わず
絣の幅
9cm

使用色数は5色
裾部分
9cm

木綿・黒無地
織り技術
細い筋に織り込む 細かい浮織り模様の形に乱れがなく 熟練者の織り
織り技術
筋に織り込まれた浮織り模様の形が ボヤケており 技術水準は劣る
製作者
この布は 後に掛かっている物の一枚。
織り風景は こちらへ
絹絣フアッション6