マットミーファッション title
ハイティーンのルークサァウ・ポム(My daughter)愛用の マットミー生地を使用したスタイルです
トップス、スカートセット全体の前側から見た画像です。

 袖なしのブラウス状のトップ前側には襟・裾両方に精巧な刺繍が施されています。
マットミー・ヤング婦人服・デザイン・ファッション a マットミー・ヤング婦人服・デザイン・ファッション b トップス、スカートセット全体の後側から見た画像です。

 スカートのスリット部分にも 蝶形の刺繍が。
トップスの前側部分です。 波形状にカットした ヘムラインも可愛く なりました。 トップスの後側部分です。裾部分は 少し開いた形になっています。。
元来 マットミーは 筒状のスカート用の布で、 模様の上下(腰部分と裾部分)の使い方が明確でした。 マットミー・ヤング婦人服・デザイン・ファッション e マットミー・ヤング婦人服・デザイン・ファッション f スカートの後ろのスリット上に は ワンポイントに蝶々形の刺繍をしています。
ピンク糸と金糸で 襟部分には 花模様の刺繍が繊細に施されていて 華やかさが演出されています。

若い娘には シックになり過ぎかと思い、トップス、スカートの上下両方へのマットミー模様生地使用は 遠慮しました。
マットミー・ヤング婦人服・デザイン・ファッション g マットミー・ヤング婦人服・デザイン・ファッション h マットミーに使用している色は 6色です。6色を1色毎に糸を括り・解き・染めるため 相当な手間が必要になります
マットミー・ヤング婦人服・デザイン・ファッション i 波形模様ラインを描くには 少しづつズラしながら絹糸を括る必要があります。自然な感じの波形には経験が要求されます。
絹絣フアッション5 絹絣ファッション7