マットミーファッション title

79才老母の 絹絣 マットミー・ファッション

マットミー 
緯 102cm   経 355cm うち模様部分 178cm
重さ 450g  密度 124.3g (1平方m当り)
  1. 白、黒のモノトーン。絣模様の染めに要する 糸の括り作業自体は一回のみですが この模様パターンを括り上げるには 相当の手間暇が必要です。
  2. 端に見られる 糸束を一越一越 少しずつズラシながら括って出来るジグザグ・ラインと 中心部分のドット状の模様を 繊細に 一つ一つ丹念に 緯糸を括り上げて行くのは 細かい作業で 大変な根気と愛情が要ります。
  3. 密度も120を超えていて 重厚感のある高品質な絹絣=マットミー・シルクです。
上の画像の生地をもちこんで 義母(79才)の母の日プレゼントとして オーダーメイドで仕立ててもらいました。街中には 老人相手の婦人服・洋服ショップ、ブランドは見つからない、相手にされない と嘆いていた義母には 大変喜んでもらいました。 絹布という高級感、手織り生地でのオーダーメイドという世界に唯一無二の優越感、それと”絣”(かすり)模様という懐古・郷愁感。この服を着て出歩くのが楽しみで 外出機会を自ら作り出しています。
マットミー・シルバー婦人服・デザイン・ファッション b マットミー・シルバー婦人服・デザイン・ファッション c
 模様部分の生地を ジャケットとスカートの両方にチェック的に デザインしました。袖部分にもワンポイントに。  後から見ると一見 「喪服」となるのを回避するために 背中部分にも模様部分生地を。加齢のためか 体型が歪んでいて 採寸・仮縫いでフィットさせました。長時間着用しても 肩凝らず 楽のようです。シルバー世代には オーダー服も 必要なのですね。
マットミー・シルバー婦人服・デザイン・ファッション d マットミー・シルバー婦人服・デザイン・ファッション e
 寒がりなので 襟元には気を使いました。首が短いので カラーは低めに。前ボタンは 同じ生地でくるみました。  背が小さいため 使用生地に余裕が出来たので 残り地で手提げ袋を作ってもらいました。重宝がっています。
絹絣フアッション2 TOP 絹絣ファッション5