プレワー
 
タイのプレワーは 普及ものでも 模様部分のデザイン、織り技法、織り手の力量等により 質に大きな差がある。
 一般的には 慎重な織り方が必要となる緯幅が長い方、模様部分が長い方、色糸を多く使用する(技法が複雑化する)
という意で 重量・密度の大きい方が 高級となる。

  紋綜絖 を使って 同一の模様パターンを織り上げるプレワーの場合は 完成までに日時は 多くは要しない。
 ただし ジョク技法を併用する場合、織り手の熟練度、布に対する愛着度により 出来あがりは 違う。 
粗忽な織り手のものは 模様を形成する緯糸の打ちこみが不均一で 形に乱れが生じている。

 「ワー」はタイの長さの単位ですが 最近はメートル、たまにヤードを使っており 日本で言う「尺」の感。
1ワーは約2mで 100ニウ。プレワーは 元々 ジョク技法のみで織られ 長さ1ワー、幅10−12ニウの小さい布。
「サバイ・チィーアン」と称される 肩から斜めに垂らすショールに用いられる。

   緯    62 cm
   経   529cm

無地 340cm
模様 189cm

重さ   480 g
密度 146.4g
(1平方m当り)

使用色 1色


 模様部分15筋中の6筋分です。 

 これは 出来の良い普及品。

 単色であり派手さはありませんが 落ち着いた雰囲気のスーツを着こなす中高年婦人に いかがでしょうか? 

 模様部分の使い方によりますが。
プレワー a
経一筋が 約10cmの模様パターンの繰り返し。 プレワー c  緯糸で織りなす模様の形に 細かいパーツまで寸分の乱れもない。 織り手の力量によって 出来映えには 大きな差が生ずる。
布の色の雰囲気は この写真が一番近いです。
プレワー e
上の布部分の裏面。
 機(はた)の使い方、織り方が理解できる。
プレワー f 色糸も1色で ジョク技法は使わず キット技法だけで 同じ模様を繰り返して織りこんでいる。 プレワー b
約2.5cmのダイヤモンド形が 緯に 25個並ぶ。
比較的手に入りやすい普及品的プレワー。
プレワー d
余談だが 北部タイ散策の際 スカート布・「ティン・ジョク」で ミャンマー製の粗雑な機械織りを見た。
表面だけでは一見 本物に見えるが 布の裏面を見れば 手織りではない偽物であることが一目瞭然
ここに紹介しているプレワーと同じ紋綜絖を使用し 色糸を変えて 同じ模様で織り進んでいる。
布の裏面を見ながら織る。 緯糸1本1本を慎重に扱い 普及品でも本当に丁寧な仕事
プレワー g ここに紹介したプレワーの製作者。

タイ東北地方に住むプータイ族の女性。

「プー」はタイ語で ”山”の意。山に住む、好きな民族というのが由来らしい。
プレワー h
silk TOP cotton