プレワー

プ レ ワー
  (PHRAEWA)

  タイのプレワーは 緯糸を 織幅一杯に通して模様を織りこむキット技法と 「縫取り」を意味する 緯糸を模様部分だけに織りこむ ジョク技法を使用。 ラオスのショール(パー・ヴィアン)に似た技法の織物ですが 模様も宗教色が薄く 幅・長さが違い プレワーは服生地。 使用する絹糸も ラオスのショールとは違い マットミーと同種の絹糸で サラッとした手触り。 平織のマットミー(絹絣)とも 緯幅、長さ、密度が 大きく相違します。  ” Queen of thai Silk  ”と称されて います。 数が少なく、都会バンコク市内では なかなか 購入しづらいと 思います。

 値段は 普及ものでも 低級品と高級品では 最低でも 7倍程度の差がある程 その品質には 格段の開きがあります。  日本で言う人間国宝級の織り手によるものは 値段は図り知れない。 織り地は タイ東北部の一部の地域であり 品数少なく 手に入りにくい。 「プレー」は 絹/SILK  の意で 「ワー」はタイの長さの単位。 ファッション見本は こちら へ 織り風景は こちら

   緯    72 cm
   経  510 cm

無地 315cm
模様 195cm

重さ   610 g
密度 166.1g
(1平方m当り)

使用色 8色


模様部分10筋中の5筋分です。 

これは 中級品の上。

 いつか 和服風のスーツに仕立て上げる機会を窺っている。
プレワーa
 模様部分の基本形。

Aダイヤモンド形 B緯3筋 C七色花模様一筋 D緯3筋が 18cm・1つのパターンが10筋並んだ縦模様
プレワー c ダイヤモンド形1筋7個+1の緯幅模様 プレーワー
構成する各パートの緯糸の色を 白糸以外全て変化させたダイヤモンド形3個・25cmで1つのパターン プレーワー f
 ダイヤモンド形の拡大。

 モチーフは花。細かいパーツを ジョク技法で 緯糸の色を 変えながら 織り上げるが 丁寧な仕事で 形に乱れがない。完成までに気の遠くなる作業。
プレワー d 緯糸に 僅かな乱れが。不良品ではなく 手織りの妙。 プレーワー i
織り方・技術程度が理解できる 模様部分の裏面

紋織り(キット、ジョク)の織物は 裏を見ないと判断できません。表側のみならず、裏側を しっかり 見ることが 判断基準の 大事な部分です。
プレーワー g
2種模様ワンセットで 七色(パターン)による12cm弱幅の模様を 緯幅一杯繰り返し プレワー e 無地部分。この部分の使い方が プレワー生地デザインの鍵。 プレーワー h
silk TOP cotton