マットミーtitle
line
  
括る (くくる)

糸の束を部分的に括(くく)ってから染料に浸けて染め、その後で縛った糸を解くと、最初に括ってあった部分が染め残って、
斑に染め分けられた糸ができあります。 括った部分に染料が浸透しない 「防染」されることを利用して タイのマットミー(絹の絣)は出来ます。
こうした 防染方法としては ”ぬの”を「括る」、”ぬの”を 「夾(はさ)む」、臈(ろう)で「覆(おお)う」、糊(のり)でおおう、等 が あります。

絣足 (かすりあし)

糸を染める前に括られた部分と括られなかった部分の染め際に出る「にじみ」のことです。
この絣足(かすりあし)の強弱・大小の微妙なタッチが この世に二枚存在しえない 手作りによる「絣」(かすり)・マットミーの美しさの特徴です。
マットミー 1 マットミー 2 マットミー 3
マットミー 1 マットミー  2 マットミー 3
マットミー 4 マットミー 5 マットミー 6
マットミー 4 マットミー 5 マットミー 6
  全てタイ東北地方の 絹絣(きぬがすり、マットミー)の生地です。
タイ国東北地方 コーンケーン、コラート、スーリン、シーサケット、カーラシン、サコーンナコーン、ウボーン、ウドーンもの 等、
柄が大きい細かい、色が渋い明るい 等  生産地の伝統個性特色毎に それぞれに 風合い が違います。 
かつては 天然素材オンリーでの染めでしたが、最近は 色付き容易な化学染料使用が主体になってきています。
タイ・コラート マットミー売り
タイ東北地方の町角で良く見かける 道端での「マットミー」行商のおばさん です。 各人 それなりに 長年のご贔屓のお客さんを お持ち です。
prev silk home silk