ラオスシルク

Pae yoy

(traditional shawl in Laos)
Phuan shoulder cloth with typical Phuan colours and orderly bands of motifs forming the design.
 プゥアンの織物に出会いたい目的で ラオスの北部・ホーンサワンを訪れた時 タイ・ダムの織物には出会えたのですが プゥアンには なかなか 出会えませんでした。 1度や 2度程度の 旅・訪問では なかなか 素敵な織物のご褒美は 頂けない ようです。 町中の日用品マーケットをフラフラしていたところ ある金物屋の店先の棚の隅に 無造作に ビニール紐で括られた織物の束を見つけました。 「売り物」ということだったので 期待はせず 全ての布を見せてもらいました。
 その中に 紛れ込んでいた 色落ち、滲みが 所々にある汚れた織物です。

 一段の高さ 10cm弱の五段の箱型帯の中に キット技法で 4、5、6ブロックの模様が織り込まれています。 紋綜絖を使用した反復模様で 実際の模様パターンは 2.5段です。地糸は 綿です。
タイ・デーンの織物に比較すると 技法の精巧さは 見劣りしますが プゥアン族独特の織物・ショールです。
ラオス布 a ショール

キット技法
緯幅; 40 cm
縦長;146 cm
模様部分;72 cm
模様;ピー・花・ナーク
重さ; 110 g
1995年7月に Lao Women’s Unionから発行された 「The Art of Silk」(p.97)にも 似た織物が掲載されていて カムムゥアン県の タイ・ソー族の織物と記述されています。

 Laurent Chazeの 「The Peoples of Laos」には アッタプー県南部の ごく一部地域に 確認されている ソー族という分類はありますが  カムムゥアン県とする タイ・ソー族の分類は見当たりません。シェンクワン県(プゥアン)、カムムゥアン県(タイ・ソー)、アッタプー県(ソー)と このパターンの織物とを 結びつける出会い旅に 出掛けたくなります。

 タイ・ソー族は タイ北部ではカレン族と称されていて タイ東北地方・サコーンナコーンには ラオスから移り住んだソー族のカルチャーセンターが存在するとの記述を見つけました。ラオス・カムムゥアン県とメコン川を挟んだ地域であり カルチャーセンターを訪れれば 何かのヒントが得られるものと 思っています。
glossary home next silk