ラオス布

ラオス織物の伝統的な模様

Tung(Banner、幟)

  Religious motifs are incorporated on handwoven skirts, shoulder cloths, and banners.
Animals, both real and mythical, play an important role in many of  the epics that accompanied the importation of Buddhism into Laos.   Naga ,deer,elephants,horses,monkeys,lions,as well as composite birds and beasts,appear in stories of the life of the Buddha.  As mentioned earlier, banners or tung of diverse sizes and shapes, and decorated with a variety of motifs, are hung in and around temples. (from " Lao Textiles and Traditions "  by Mary F.Connors)
 ”古布” ”アンティーク布”には ほとんど興味は無いのですが この織物は ラオス・ヴィエンチャンの タラート・サオの通り向いにある各県の産品市場の ある店で 床に 巻かれて輪ゴムで止められ 無造作に転がっていた物で くず物同然の値段でしたので 手に入れました。

 ラオス織物の特徴的な模様が 1枚の布に 多数 織り込まれていて 染めも天然染料で キット・ジョクの両技法を使っており 骨董品的価値は別として 貴重な織物と思います。なかなか 1枚の布で これだけの模様が確認できるものは 少ないと思います。楽しくなる織物です。

 緯幅 16cm 縦長 715cmの中心布(両サイドに幅5cmの布が縫い足されています)の中に 27種類(一部 同柄の色違いあり)の縦15〜20cmの模様が織りこまれています。何を描写したか不明の物もありますが トリ・馬・ヤギなどの動物、星・鉤・ひし形(タントラ)などの幾何模様、ナーガ・ナーピーなどの神話上の生き物模様 が 多彩な色で表現されています。余談ですが サイドの布の裏に ハート形に矢が突き刺されているイタズラ書きがあります。

 チェンマイに ご在住の MS様から この布は 蚊帳の補強材料に 使用された布ではとの ご指摘・ご指導が ありました。確かに 幟(のぼり)とすると 緯糸の打ち込みが 強すぎて 風抜けが良くない布に なっています。
ラオス布 u ラオス布模様 a
ラオス布模様 b
ラオス布模様 c
ラオス布ニワトリ模様 d
ラオス布 v ラオス布動物模様 e
ラオス布模様 f
ラオス布動物模様 g
馬の模様で 下部の藍染め模様は お寺と思います。
様々な 幾何模様と ナーガ・ナーク模様です。精巧に 微妙に 色、形を 変化させています。
glossary home next silk