Pha Khan Seung (パーカンスゥン)

is divided into two different ends by plain colour at the centre.One end woven in red and indigo continuous supplementary weft on white background.,
and the other done with discontinuous supplementary weft, showing animals and flowers motifs on a red background.Pha Khan Seung is used as a head scarf by Phee Mot and Phee Mon.
(訳) このラオス織物は 中心部分が 平織で織られて その左右両サイドは それぞれ 違った織り技法である。片方は 白の経糸に 赤と藍色の緯糸で 浮織り技法(キット)で織られていて、もう片方は 赤の経糸に 動物とか 花の模様をあしらった 縫取り技法(ジョク)を用いて織られている。 この布は 祈祷師(女性は ピーモット、男性はピーモンと呼ばれる)が頭から被る布として 使用されている。
 ラオスでは 縫取り技法(ジョク)の片方部分だけの布(だいたいは 幅40 X 長さ200cm程度の大きさ)があり それは ショールとして 祈祷師が使うもので 「Pha Phay」 と呼ばれる。 「Pha Biang」 is a narrow, rectangular shoulder cloth worn by both men and women for ceremonical occasions.  パー・ヴィヤン(ソーン・ペークゥーム)は 一般庶民用で 冠婚葬祭の場面で使われる男女兼用の 幅狭の長方形状の布(ショール)です。だいたいは 幅40cm X 長さ100から200cm程度の織物です。
ラオス布 b ラオス布 a
ラオス/パーカンスゥンの キット技法側部分。茜(ヨー)と藍(カーム)を基本染料として使用。 中心部には 仏教の「タントラ」(第3の眼)。 ラオス・アニミズムの「タリオ」と相通ずるものが。 ラオス/パーカンスゥンの ジョク技法側部分。 シホー、ナーガ、ナーク、ピー、幾何学、鉤の模様。 垂直紋綜絖を使用し 模様は 真中から相対象であるが この布は 使用糸の色は それぞれ相違させている。
ラオス布 e ラオス布 d ラオス布 c
キット側部分の 下方部分 ジョク側部分の 中心部分 ジョク側部分の 下方部分
 ラオス織物としては あまりにも ポピュラーなものだが 外人用の観光土産程度の質から ラオス人の生活の中で使用するものでも 略装用、正式用、晴れ着用、公式行事用、さまざまな質のものを 市場などで 見かける。本家本元のタイ・デーン族が織るもので上質のものは 完成までに 1年半は 最低でも 日時を費やすと言う。

 下画像の1番が 上の写真の織物ですが 長さが 5m近く 幅も広く 織り技術も申し分が無いものは 特注品的なものであり 容易に 入手はできない。この入手には 大変な 労力を要した。 ラオスの ある織り人の所で 博物館等で展示されているアンティーク・ショールの写真を持ち込み 同じ大きさ・模様・色彩で複製してほしいとの注文を受け 垂直紋綜絖の組みたて作業をしている場面を見たことがある。

もし ラオス・ショールを おもちの方がいらっしゃれば 幅、長さ、重さを 測って見て下さい。

 長さ 200cmを超えた程度の 3番、4番あたりは なんとか ラオスの市場でも 数は少ないが 売られてはいる。
6番は ラオス・ヴィエンチャン郊外で 外国向け製作活動をしている村の モダンなスタイルの織物。

 この織物は 麻薬みたいなもので すごーいと思って入手したものが 年月が経ち より上質のものが眼に入ると いままで最上質と愛してきた織物が 極めて貧弱に見えてしまう。 とめどが 無い。 大小上下の物が ついつい その数が 増えて行く。
1 幅 56cm 長さ 481cm 重さ 750g
(房部分の長さは含んでいません)
ラオス布 f
2 幅 47cm 長さ 352cm 重さ 450g
3 幅 42cm 長さ 258cm 重さ 250g
4 幅 41cm 長さ 210cm 重さ 160g
5 幅 39cm 長さ 190cm 重さ 150g
6 幅 37cm 長さ 176cm 重さ  90g
glossary home next silk