ミャンマーシルク

チェンマイ・パターン (ゼンメー・タメイン)

Susan Conway著の「THAI TEXTILES」"タイ北部の布"で 下記のとおり記述されている模様パターン。
(記 述 内 容)
  チェンマイ地方の「パー・シン」(巻きスカート)は タイ北部のいたるところで 見うけられますし、 お隣の国のビルマでは このパターンを”チェンマイ・スタイル”として ロンジー(ビルマの巻きスカート)にも用いられています。


  私は、 ミャンマーで探し続けていたが 最早 市中では入手困難で 諦めていたところ ある家で 隣りのオバサンが所持していることが 分かり 無理を言って 見せていただいた。 50歳くらいの方で ”ゼンメー” と称し 結婚する時に 嫁入り道具の一つだった由。

  ナーク模様とラインが交互に織りこまれた部分と 花模様の絣=マットミー部分で構成されている。木綿は黒色の腰布部分だけで 本体部分は 経糸、緯糸とも 全て絹糸を使用しています。 落ち着いた 品の良い光沢があり 中国産絹糸ではなく 自国・マンダレーシルクと 思います。 しかし 伝説の マンダレーシルクの蚕、繭を なんとしても この手で 触りたい の だが。
ミャンマーシルク a
緯; 腰布部分 11cm 本体部分 96cm
経; ナーク・ライン交互部分 53cm 花模様マットミー部分 103cm
ラオスのパーシンと違い 薄手の絹織物で裏地が付いていた。

タイ・ナーンではオールシルクのスカートを手に入れたが 基本的には
 チェンマイなど タイ北部の織物は 木綿を一部使うのが主流。
これは オールシルクであり ミャンマー流のアレンジなのだろう。
ミャンマーシルク b ミャンマーシルク c
所持していたオバサンは このチェンマイ・パターンのスカートを 「ゼンメー・タメイン」と呼んでいた。
これを手に入れたかったが あまりも大切に取扱っているのを見て さすがに 譲ってほしいと 口にすることは出来なかった。
だが バンコク・パターンと呼んでいた 男性用ロンジーの絹のパソーを プレゼントしていただいた。
ミャンマーシルク d ミャンマーシルク e
ナーク(蛇)とラインの交互模様は タイ南部・ウボンラチャタニー地方特有の模様でもあり、ラーイ・パンフォーン・スラップナーク と呼ばれている。
glossary home next silk