タイ織りの風景 title

back to Floor Guide 1/7
庭に自生している 染色材料。
学名;bixa orellana 英名;annatto  タイ名;カムセーット  ラオス名;マック・サティ 日本名;ベニノキ 染色;赤褐色
種子を指でつぶすと ビクシンという赤い汁が出てくる。かつては 口紅がわりにも 使われていた。 種子を水に漬け 煮出して染める。
タイの藍建風景。タイ語では オーンディンとか オーン・ムーンコーンとも 呼ばれている 藍を発酵させる甕(かめ、Indigio pot)。 右の画像は 藍で染め上げたばかりの布ショールを 干して乾燥させている場面。 この近くでは ここの主人が 新しい織り機に付ける木製の装飾物を 彫刻していた。
 四六時中向かう織り機には かつては 愛の証として 旦那が 精巧で素敵な彫刻を施していて 今では その部分だけでも骨董品としての価値がある。
タイ・チェンマイ県のインタノン山裾野にある メーチェム郡にて。 タイ・ユワン、タイ・ルー、カレン族が主要で それぞれ独自の織物文化を維持している。
日本にも何度か来日したことのある パオトーン・トンチュア女史の自宅・工房。 木綿の糸作り、染め、デザイン、織り、縫製を 一環して手掛け メーチェムの織り伝統の復活に取り組んでいる。作品は チェンマイのショップでも 買い求める ことが できる。
thai TOP thai4