タイ織りの風景 title

back to Floor Guide 2/7
マットミー用タイの蚕の幼虫 マットミー用のタイの黄色の蚕
桑の葉(バイ・モーン)を食べる蚕(トゥア・マイ)。 
タイ東北地方では 22日から26日間育てるそうだ
桑の葉を食べる前の蚕は ノーン・マイ
タイ東北地方独特の形状をした「まぶし」(チョー) の中には 黄色の繭が。
吐糸する蚕を タイ語では ラン・マイと言う。
タイの蚕のさなぎの期間は 8日から10日間
マットミー用の蚕を育てるザル マットミー用の蚕を育てるザル
蚕を育てるザル・箕には 風通しの良い布が覆われている。
蚊、蝿など昆虫が大敵だ。 このザルは タイ語でクラドーンと言う。
この家の屋根下にも 蚕を育てる道具が あちこちで 見うける光景。
マットミー用の蚕を育てるまぶし 蚕のまぶし
まぶし・チョーを展示している博物館。繭から糸を引き出す作業を サァウ・マイと言う。タイの蚕の卵から蛾までの一生は 42日から49日間。 このまぶしは タイではなく ラオスのもので お椀のような 竹の篭の中で 繭を吐き出す。
thai TOP thai4