タイ織りの風景 title

back to Floor Guide 3/7
地方政府のプロジェクトによる 織物センターでの 括り作業風景。 絹糸を括る作業台は 木製手作りではなく、金属製となっている。 自分の体型に合わせて 長年親しんだ手作り台が 作業効率は上と思いますが。 絹糸をビニールの紐で 括り ハサミで紐を切り じつに 素早い手つきで 進めていく。 括る絹糸を並べる台(ラックミー)の形は 地面に水平ではなく 傾斜を作っている。 この村では この形が 主流のようだ。
マットミーの織り作業 マットミーの天日干し乾燥
明るい陽射しを浴び 道行く人と暫しの会話を楽しみ雨の時も 慌てず トントンと 筬をたたく。 猫、鶏等の妨害・イタズラを防御するため 仕事を 暫し休憩する時は 大きな布をかける。 括って 染め上げた絹糸を 庭先で干す。あちこちの家で 見られる光景。
どこの村でも この風景と トントンの音が聞こえると 私は 躊躇無く その家に侵入していく。
マットミーの織り作業 タイの飲料水保存
鼻からズリおちそうな老眼鏡をかけて 織る。この人のハタ(機)は 木材での組み立てではなく亜鉛パイプを溶接して器用に組み立てたものだった。 ご主人が その筋のお仕事なのだろう 初めて見た。  軒下で コツコツと マットミーの絹糸を括る。 画像の右端は 屋根に降り注ぐ雨水を 屋根からの樋を通じて 水を貯める大きな壷で貴重な飲料水となる。 織り人の家を訪ねると 賓客を精一杯持て成すため この貴重な生水(なまみず)がコップで出される 下痢を心配して 遠慮すると 信頼関係は生まれない。私は 必ず 一気に飲み干す。お腹の異常は一度もない
thai TOP thai4