タイ織りの風景 title

back to Floor Guide 4/7
プレワーの現地人着用写真 プレワーのショール
 あまりにも美しいプレワーだったので ホテルのロビーで 無理を言って 写させていただいた。流暢な英語を話す それなりの貴婦人だった。プレワーの日常場面。  レストランの女支配人。インスタントカメラでの写真をプレゼントする条件で 嫌がるのを振りきり 素敵なプレワーのショールを写した。
マットミーの織り風景。玄関口の先で コツコツと織っていた。 突然の侵入者にも 暖かく 受け入れてくれた。
日本の富士山の絵ハガキをプレゼント。
  クメールの影響を受けた織物 
マットミーに色緯糸を加える「パー・チョンクラベーン」という イサーン南部では良く見かける製作風景
タイの綾織作業 タイのバッタン機
 東北地方のある場所で 綿素材の「グレッ・タオ(klet tao)」というヨック・ドク織(篭目状の綾織)に出会い 凄まじい田舎の織り地まで押しかけて行った。機(ハタ)は 極めて簡素・質素なもの。
 ミャンマーでは良く見かけるが タイ東北部でも 無地単色の絹織物を バッタン機(ハタ)で織る風景を見た。
電力・動力を使用しないで 労賃の安い人力でコストダウンを。 経済力UPと伴に いづれ タイでも この風景は消滅するのだろう。
thai5 TOP thai3