タイ織りの風景 title

back to Floor Guide 5/7
タイ北部の町。女性自立支援策の一環として。すくい織り手法で 浮織り模様のショール製作中。 品物としては まだ 観光土産程度の技術レベル。 足下には 乳児の揺り篭が織機から釣り下がっていて、踏板の合間に 器用に篭を揺らす。 タイ・東北部。絹織物 プレワーを織物中。
7〜8本の杼(シャトル)を使い分けての垂直紋綜絖と すくい織り手法の併用で 細かい模様を織る。織り幅 20センチ程度の布だが 織り終わるには 専念しても 20日から30日間を要する一級技術品
チェンマイ南部の村での 木綿糸の繰り作業
竹篭製で独特の形をした糸枠(Spool)を使用
  木綿糸の染め風景。周りにある甕全部に 染料のマクルアの実。ここは 全て 昔から 自然染めを貫いている。日本の雑誌でも しばしば紹介される有名な村。
  日本で 趣味で10年も染織をやれば 「染織作家」として芸術家気取りで 個展を開き 布に高額な値段を付ける方とは DNAが違う。
タイ・東北部の村。プレワーを製作中。 品物としては 同じ模様を繰り返す中級品。 丁寧な仕事をする おばさん だった 布の下半分だけに 浮織り模様を入れるため
その部分だけ 垂直紋綜絖を使用して 織り進む
thai4 TOP thai2