タイ織りの風景 title

back to Floor Guide 6/7
マットミーの経糸継ぎ マットミーの縦糸処理風景
 経糸を糸綜絖に通す根気のいる作業。
  前回に完成した布の経糸を切る時 筬手前で長めに切り その経糸の端に 米糊を使って 新しい経糸を1本1本 貼り合わせていく(経継)
 綜絖に通した経糸を男巻・千切板に巻きこむ作業 二人がかり。布1枚に約4メートル使う。 2枚分を巻きこむ。
千切り板を使わずに 織機(ハタ)自体に 縦糸を縛り付ける手法も 見かける。
マットミーの緯糸 マットミーの織りこみ風景
   染め上げた絣模様の緯糸を小管に巻いて 緯絣を。小管巻きは 小さなモーターを利用した手製の道具だった。  緯糸1本1本を丁寧に模様を合せながら 1日12時間・丸6日間織り続けて やっと1枚が完成。
 雨の日は湿り気により 経糸への杼の通りが悪くなるため 炭をおこした七輪を 慎重に経糸の下に置く。 この布を日本に持ち帰ってきた。全工程を見続けた布なので大切な代物。
プレワーの織り タイ絹織物プレワーのインテリア
  「すくい織り」という指先のみで織り上げる絹布=プレワー。コンクール優勝作品は2000ドルもするが 引く手あまたで 手に入らない。
  背広の一部 婦人スーツの一部に使い 礼装用にしている。式場では 品物の良否の品評会になるそうだ。日本の呉服・着物と同じか。
  高級ホテルのロビーでは プレワーを
額装して高級インテリアとして珍重
thai3 TOP thai1