タイの織り

back to Floor Guide 7/7
観光土産用マットミー製作風景
  チェンマイの観光土産店のデモンストレーション。
  マットミーの 一応の 紡ぎ・染め・織り工程は 見学できる。飛び杼のバッタン機を使っていたが バッタンのマットミーは 織物ではない。
 経糸を思いっきり長く張って 簡単な模様を同じパターンで 一日中 単純に繰返していた 一種の大量生産か?
 丁寧に織り上げられている絹布。マットミーと称される絹絣 伝統的絹絣の技術を学問的にサポートする
田舎の大学。資料は豊富。
マットミーの染め作業 マットミーの括り作業
 絹糸の染め作業。最近は化学染料が幅を効かせてきている。使用している染料を頂戴してきた。右の写真の女性のご主人  染め前に 絣模様の絵図に従って絹糸を括る。22本の糸の束を 25束並べて 括っていく。出来あがりの良否を左右する 熟練を要する仕事。
thai2 TOP nusa tengara