タイの生活と暮らし tutle

back to Floor Guide 1/8

タイ・ナーン/ワット・プゥーミンの壁画

400年以上も前の 仏暦2139(西暦1596、日本では秀吉の頃)年に建立され かつて タイの1バーツ紙幣の図案にもなつた ナーン県のお寺。余談だが その1バーツ紙幣のレプリカが 観光土産品として売られている。

本堂内真ん中には 東西南北を向いた四体の仏像が安置され 壁画には ジャータカなどの仏教題材に加えて 当時のナーンの庶民の生活が 生き生きと描かれていて スカートの模様など その庶民の服装には 興味深いものがある。
詳しい記述は こちらのページを 合わせて ご覧下さい。

携帯用デジカメのフラッシュ程度の影響は皆無とは思うが 歴史的壁画に配意し 露出不足を覚悟の上で 撮影には フラッシュを使用しないこととしている。フラッシユを使用し 色付けの修正を施していると思われるが 鮮明な画像が こちらのHP「Inner Light Gallery」に 掲載されています。
ワツト・プゥーミンには東西南北に入口があり これは 2頭のパヤ・ナークが鎮座する 東側 正面入り口。
ナークの胴体は波打っていて このナークの尻尾が 本堂を胴体が通り抜けた形で 反対の西側入口に 現れている。
タバコを吸う女性に 火を借りる男性軍。
今で言う ナンパなのだろう。他の女性も流し目。
横縞のスカートに ティンジョクが縫い付けられている。
木綿の糸繰りをする女性。パー・サバイを肩に掛けているが 胸全体を 覆い隠す大きさではない。背後から 妙なチョッカイを出す男性。
 ここが 一番見たかった 壁画の部分。何せ 数百年前の織りの風景。。。 母が娘に 織りの技術を指導している光景。経糸は 機の後方に千切(ちきり)を使用せず 機の枠木を利用して 後方から上部へ巻き込み 頭の上部で固定している。この形式は ラオスでは良く みかける。踏木は竹棒利用の4本で 糸綜絖も4枚使用していて 単純な 平織りではなく 簡単な浮き織り模様を付け加えているのだろう。ビルマ人のシン(スカート)を意味する 「シン・マーン」を織っているのだろうか ? 
一般庶民の女性では無いみたい。極めて素敵なシン(スカート)を着用している。王系貴族だろう。入口の真上の壁画だ。 赤い椅子に座り タバコを吸う女性。この種の壁画を見る時には 仏教的には重要な価値の部分があるのだろうが 全く 意識は持たず 無視してしまう。
burma TOP thai