タイの生活と暮らし tutle

back to Floor Guide 2/8

タイ・ナーン県/ワット・ノンブゥア

 タイ北部の織物は 木綿と民族布が主体で 織物自体には あまり興味が無いのが本音だ。 が ラオスの織物旅とタイの織物旅が交錯する地域であり 草木による染めに馴染みやすい関係だろうが 天然染料の伝統が根付いていて 何かと タイ北部を 訪れたくなってしまう。 タイ東北部のお祭りの出店で 北部の織物事情を色々教えてもらった ナーン県の織物商人に 出会いたくて 遥々 チェンマイから 1週間の予定で 出かけて 行った。 ラオス行きの飛行機もあるようだ。 ナーン地方特有の織物 特に マットミー(かすり)模様を使っている ラーイ・カートカーン の出会い旅に専念したが 結果 木綿ではなく 絹織物が 見つかるという 最高の幸運に 巡り遭えた。 技術・模様は 低位だが ラオスで しつこく追い求めているムック技法の織物に タイのこの地でも 出会えた。


The Textiles Motifs in Nan
 (ナーン地方の織模様パターン)

Motifs used in the nan textile could be categorized into three main types.

1 LAI   LUANG (ルアン模様)
means a motif design in the cloth which occurs by the technique of using the hands to intertwine different colors of yarn to make a design in mind while weaving , different motifs invented by this technique are ;
LAI BAI MEED (blades of knife)、LAI NAM LAI (water falling)、LAI CHARUAT (rocket)、LAI DOK MAI (floral)

2 LAI KEEP MOOK (ケップムック模様)
means a motif which is created by a more complicated technique which is similar to the Northern style of cloth .The technique is to seperate the motifs with different sizes of sticks and connected to the fabrique set on the  loom by weaving them vertically, most designs will be made to imitate nature and environments , some of the motifs are ;
flowers, utensils,animals and different types of geometric designs.

3 LAI KAD KAN (カートカーン模様)
is the motif which is similar to an IKAT fabrique of the Northeast called "Mudmee" the technique is to tie-die the fabrique simply with a banana cord, some of the motifs are ;
primitive KAN as seen on fresco designs at various monuments in Sukhothai,  LAI KAN NAM LAI which is derived from LAI NAM LAI etc.

++   Nan National Museum  展示品説明記事より  ++
 市販されているナーン県ガイドブック。
全県あるようで 日本語ガイド本では役にたたない 織物旅には重宝する。
左はタイ観光庁発行ナーンの地図。
はナーン国立博物館収蔵品絵葉書集
土・日休館日なので諦めていたが 幸運にも 偶々 市の祭りの最中で 市民に無料開放されていた。ただ 私は外人だからと 入館料の支払いを申し出た。ナーン県特有の織物が 数多く展示してある。
ナーン市から北へバスで1時間半程の町 プゥア。
この道の先は ラオス・タイ国境フゥアイコーン=ナム・グゥーンに続いている。途中の風景は 緑が多く タイでも まだ素朴さが残っている地方だ。再度 訪れる予定でいる。
 壁画を拝観したくて訪れた タイ・ルー族菩提寺のナーン県ワット・ノンブゥア。 壁画の荒廃は著しく進んでいたが タイとラオスの織物の交点を 見た感じがして 長居をしてしまった。バス道路から 4km程 奥に入った場所。歩くしか手段はなかった。
以下は タイ・ナーン県のワット・ノンブゥアの壁画の一部です。19世紀中頃から 描かれたもののようです。
 織り技法・模様など 現在の織物との出会いを主体に旅しているが 過去の織物を見ることにも 意を注がねばと 実感した。上着は着用していず ショールを 胸を覆う下着兼用としての使い方で着用している。 ラオスのパービャンも 当初は このような使い方だったのだろう。

 スカート模様は ラオスでは あまり 見かけない 単純な平織りの横縞が基本の模様(タイ・ユワン族)だが ラオスの浮き織り模様が 縞間に織りこまれているようだ。 ただ 当時は 垂直紋綜絖は使用していず 多分 棒を挟み込んで 縦糸を操作したと思うが 相当な技術だったのだろう。 ベルト替わりの 女性の腰周りの布の使い方にも興味が出てきた。

 マットミー(かすり)も織り込まれていたと聞いていたが 壁画では 見つけることはできなかった。 スカートの着用途上の描画もあり 左右どちらから折り込むかが 改めて理解できる。 男性の脚には 刺青があり ラオスの影響と思いたいが どうなのだろう。
burma TOP thai