タイの生活と暮らし title

back to Floor Guide 3/8
タイのシーサケート
タイ/シーサケート/プラン・クーの町。
コーンケーンのG/Hで 研修に来ていてたシーサケート警察の婦人警官6名に 織物があると教えてもらった町。 片道80kmをバスで行ってみたが 市場等で必死に情報を集めるが 定かではなく 今回は断念した。
プラン・クーで 地元の人がしばしば訪れる場所ということで バイクタクシーの小父さんに連れて行かれた遺跡。
町から10km離れた 11世紀に建立された プラサート・プラン・クー。クメール式のパゴダが三塔だけ残っている。折角わざわざ訪れた町の記念にはなった。
タイ/ウドンタニーとノンカーイの ほぼ中間地点にある 綿のキット織りを主体とした織物の町/バーン・ナーカー。 ここは ウドンタニーから出るバスの終点ターミナル。 バーン・ナーカーの町の一角には 織物ショップが軒を連ねている。偶に 外人観光客が訪れるが 現地の洋服小売商店対象の卸売りが主体の商売の感。今では 織物自体は衰退していて 縫製主体の村に変身している。
ウボンラチャタニーのお寺
ラーマ3世時代に建立されたウボン・ラチャタニーのワット・トゥン・スリー・ムアン。この建物は チーク材を使って池の上に建てられたホー・トライ。 ホー・トライの壁画は150年前のもので 当時のウボンの様子が窺える。だが ある人には「エロチック・アート」とも見えるらしい。
タイのマハサラカーン
タイ/マハサラカーン県にある織物村の入り口。
直通の公共交通機関は無く 近くの国道の停留所から ただただ 歩くしか方法がない。辿りつく途中に 大雨が降ってきて 悲惨な状況に。
町の中には立派な案内看板があったが センターと言える内容ではなかった。折角来たので 腹ごしらえをしながら 町全体 隅から隅まで 子供達の相手をしながら歩き続ける。思わぬ織り風景に出会う幸運に。
burma TOP thai