タイの暮らしと生活

back to Floor Guide 5/8
 バンコクとチェンマイのほぼ中間 タイ・ピサヌローク。
No 1のバスを利用して町を散策。町を流れるナーン川で 橋の下には 水上生活者のボートハウス(ルアン・ペー)がある。タイで一番美しいと言われる仏像があるワット・ヤイの 入り口前の 川岸から撮影。
 チェンライにあるワットプラケオ境内で 本堂修復のため木彫り製作中。相当のプロ、宮?大工か? デザイン帳、下書き紙、ノミの種類等 親切に教えていただき 楽しませていただいた。
  チェンマイ・ターペー門前にある お寺。チェーンセンの篤志家女性の寄付が起源とか。写真左の ピンク色の木の花がキレイ。
ホーケキョと鳴く鳥が。ホーホケキョでなく 羽も鶯色ではないが
  チェンマイからメーホンソンまでは ジェット機で40分 400バーツ バスでは 6時間 200バーツ。 風景を楽しむには バスが最適。パイ村近郊の風景。
途中 白人運転のレンタカーと何度も すれ違う。それと 厳しい検問に何度も。
 ゴールデントライアングルのある ドンサック村から チェーンセンまで メコン川を スピードボートで。対岸のラオスの村落をじっくりと観察。いつの日か ラオス側からタイを望むことを目論んで。

アンタラーイ(危ない)、チャーチャー(ゆっくり)を 連発
  チェーンセンでは 夕方 メコン川岸の ゴザ屋台で 
リージェンスィーウィスキーのソーダ割りで 流しの屋台から買った 炙ったスルメイカを つまみながら。
  メコンの 夕焼けを見つつ 隣りの家族と 戯れながら 一晩が過ぎていく。
メコン川に浮かぶ船は 中国の国旗を掲揚
thai TOP thai