タイの生活と暮らし tutle

back to Floor Guide 6/8
  例のコンデンスミルクをたっぷり入れた凄まじく甘いアイスコーヒー屋のおばさん。といっても酒屋の主人の店先での副業。
 一切何も入れないブラックで と注文したが苦くて飲めたもんじゃないと聞き入れず ほんの少しだけコンデンスミルクをと。
サービスで高価な生ミルクを入れてくれた。ありがとう。
  タイ/ウボンからの3等列車内で ブリィラムに住むアベックをツーショット。こちらはタイ語を話して欲しいのだが 英語を話せるというのが学生ステイタスらしく 必死に教科書どおりの英語で話しかけてくる
  タイ東北/ナコンラチャシマー県の名刹「ワット・バーンライ」。肖像画(写真)が人気あり 各地の文房具屋でも売られており バスの中でもしばしば写真が奉られている高僧が在籍している。
 たまたま本堂にいたので許可を得て写真を撮ったが 目を開いている間はシャツターを押さない様にとのキツイ注意が。
 今年は11月11日だったが 「ローイカートン(ロウソク祭り)」で有名な タイ東北/ウボンの「ワット・ノンブゥア」。「青森ねぶた」に似た 蜜蝋で作成した勇壮な仏教にまつわる像(彫刻・ダシ)が集まる。
 仏舎利が納められていて 塔の全面に仏教に関する彫刻が施されている。
  シーロム通りのホテルのビアガーデンから見るバンコクの夜景。

安ホテル・G/Hおよび屋台専門なもので こんな高層ビルからのバンコク風景を見るのは初めて。
 シンハビールの生と魚フライのサラダ「ヤム・パードゥック・フー」を堪能した。 
 スゥリン(スーリン)のナイトバザール。昔からナコンラチャシマー(コラート)のナイトバザールが有名だが 最近は客足鈍く店閉まいが早くスタレ気味だが それに優る勢いの活気。
 屋台で 貝のオムレツ「ホーイ(貝)トート」が美味かった。
牡蠣貝(ホーイ・ナーンロム)の具で 30バーツ(90円)。
ムール貝(ホーイ・マレェーンプゥ)だと 20バーツ。
Thai4 TOP thai2