タイの生活と暮らし title

back to Floor Guide 7/8
  お祭りのパレード衣裳を着て 一番(?)美人の二人を。 この他にも 色んな衣裳の民族が プータイ族が多い。側では ルークトゥン モーラムの歌合戦= のど自慢大会が。優勝者には 立派な賞品がプレゼントされる   織地のタイの専門学校生達 と霊山にハイキングに行く。 
同じ村の出身で 学校近くで間借りしている。
 家賃は 一間/一月400バーツ(1200円)を 4人でシェア。
  タイの東北地方の遠景 広い。本当に。タイ東北地方は高い山が少ない 山の入り口に差し掛かる時 現地人は車の中で 必ず合掌=ワーイをする。山の主に挨拶をしているそうだ。 たまたま 日本の三宅島が火山噴火の時で タイでは火山噴火は無いそうで しつこく 「噴火」の状況を質問された   田舎の市場で 小さい時から物売りを始める。 お母さんは別の場所で店を出している。 後は ローカルバスのターミナル。 バス(トラック)が停車している
  決して河川の氾濫ではなく 田畑の中を水が流れ去っている風景です。雨期の大雨・洪水は 絶好の遊び場て 近くには露店も出るし 幹線道路から臨時バスも出る。車を洗う人 泳ぐ人 魚を採る人 昼寝をする人 家族ずれも沢山。 一日中戯れている 学校をサボッテ来ている人も、災害も「マイペーンライ」らしい。  敵から町を救ったタイ人のジャンヌダルクの像には いまも線香が。 バイクが このロータリーを通り過ぎる時 後ろに乗っている女学生が合掌=ワーイをしながら。10年前に比べて そういった人の数は減っているように感ずるが。
thai3 TOP thai1