タイの生活と暮らし

back to Floor Guide 8/8
チェンマイのお寺 タイ・ドイインタノン国立公園
  観光地を避ける意識があるため 10年目にして 初めて訪れた北部の古都チェンマイの寺院。若い白人女性がミニスカートで ソフトクリームを持って 寺の中に。極めて無礼。タイの人は たしなめることはしないが。日本人のおじいちゃんと孫の二人が ガイドを伴って。好感。    北部・インタノン国立公園の山並み。手作り一辺倒なので 観光客ツアー(日帰り)は いままで初めての体験。オランダ人夫婦と3人のみで 彼らの花の話題onlyに付き合った。しかし ツアー代金は高かった・・。二度と参加しない
 たまたまバスターミナルで下車して冷たい飲み物を買った店。旦那が先生、奥さんが雑貨屋兼洋服仕立屋の家の前。意気投合し 3晩もお世話に。左端の人は 近くの絵描きで 旦那の教え子。   織物を探して 人伝に聞いたパーアウという村まで 必死に辿り着いた。田舎でバスを乗り継ぐのは勇気がいる。ここからの交通手段は 村の人のバイクに乗せてもらった
 田舎の町にもセブンイレブンが一軒は。高級ストアー。ハンバーガー、ドーナツ、シェイク等テイクアウトが人気。 店の前に カード式国際電話ボックスが必ずあるので重宝。入り口の前で 茶色衣袈裟の僧侶が 座り込む風景は 何とも。  バスを降りた途端 自転車タクシー(サムロー)の小父さんに 町の名所を案内したいとして 固辞したのですが、無理矢理に連れて行かれた寺院です。 現地人は 知る人も知る 当地の名刹ですので、今 思えば ラッキー でした。
タイ カーラシン
 ローイエット、ワット・ブンパラーン 町のどこからも見える 10階建ての高さ程もある 高い仏像。 ここのお坊さんと たっぷり話した。 元々は もっと 金ぴかの仏像のハズ。     夜道を通りかけると どこかで音楽が。延々と続いた。かなり年輩者で 盲目の人も。おばあさんから お茶で歓待された。タイというよりラオ族独特の楽器での演奏。
thai2 TOP thai