インドネシアの織り

back to Floor Guide 2/2
腰織機で 完成までに気の遠くなる時間を要する経緯絣(グリンシン)を 織る唯一のテンガナン村。
土産用の偽物は沢山あるが 本物は 1枚 2000ドルも。
最近では新しいスタイルの絣織りが。
バッタンの機(ハタ)で 効率化を
絣の模様を司る括りの工程 若手工芸家のもの
技術は効率の良い近代手法を習得している節
インドネシアの腰織りは 高度に発達している
腰織りで これだけ幅の広い布を織るのは 相当の体力
経絣は 腰織りに最も適した布というより 
立派な機が無いので 経絣しか織れなかったとも
若い女性・織り人は 明るい・派手な色での染め糸で
伝統を踏まえて 新しい絣にも
本当に気にいったものを譲ってもらった。
近くの人が聞きつけて集まってきた 現金が欲しいらしい
  チモール島の山奥の酋長の末裔。部族古来の染め・織りの伝統を守る。藍も2種類使い 庭で育てる草木で40種類の色を染め分ける。黒も甕で発酵熟成したものも使う。
plus TOP style