インドネシアの暮らし

back to Floor Guide 1/3

インドネシア・バリ島・テンガナン村

デンバサールの東約65km。村の面積 13.8平方キロ、300人程度の人口。
東南アジアで唯一 縦緯絣(グリンシン)の伝統を持つ村・集落。

 家族、一門という血縁関係組織に加えて 1 seka teruna and seka daha (未婚の人の組織) 2 kerama desa (既婚の人の組織) 3 gumi  pulangan (家長及び退役した人の組織) 4 jurugambel (音楽専門家の人の組織) それと 労働者等何かの理由で村外から連れてこられた人の組織 で 村社会が構成されている。
 東側メインストリートの 北端にある建物。 この建物の前に 雑貨屋を兼ねた屋台を営業していた オバサンと ジュースを飲みながら 暫し 閑談。 チャンディダサから 往復 ゆっくり 徒歩で 訪ねた。  城壁のような壁に囲まれたテンガナン村の 北方向から見た 東側メインストリート。 壁の外側に通ずる小路を通ると 民家があり 日常の生活を垣間見ることができる。
 村入口付近、南方向から見た 東側メインストリート。入口の記帳所で じっくり時間を掛けて村に滞在することもあり 多めと思ったが 3000ルピアの寄付。 観光バスで 外人観光客が 押し寄せている。小さな村なので 織物に興味が無い人は 1時間もあれば 用が済む。 南方向から見た 西側メインストリート。
 village council  = kerama desa の 通りを隔てた真横の民家。おばあちゃんが 日向ぼっこをしながら kerama desaで 食事の準備をしている村人達を見つめる。
 犬の徘徊・唸り声の恐怖に耐えながら 村人の行事のお邪魔をしないよう あまり近づかないで その光景・様子を 暫らく 拝見。
;テンガナン村を訪れた時に グリンシンを始めとして 色々 お話をさせていただいた方がいる。 その方の80才近くになる実母が かつて 伝統を踏まえて 織った最高級品のグリンシンだとして そのフィルム・ネガを 頂戴した。繊細な模様タッチ、色合い等 これが 絣(かすり、それも縦糸・緯糸両方の括りと織り合わせ)技法による 織物であるとは。想像を絶する代物である。 日本でも 1〜2万円で売られているが 写真製版によるプリント模様の バリ観光土産の偽物グリンシンとは 似て非なる物である。
;グリンシンを着用している テンガナン村の女性達。 1973年当時の写真 (Clothing, Ritual and Society in Tenganan Pegeringsingan から)。
テンガナン村の女性の衣裳の構成と 各部の名称
1 tapih (slip, inner hip cloth、下着) 2 kamben (wrapped skirt 、outer hip cloth、スカート) 3 sabuk (sash、腰帯) 4 anteng (chest cloth、バストを隠す・胸当て布) 5 saput lumbang (outer-garment、 upper-garment、上着) 6 pusung  (various compulsory hair-styles、しっかり整えられた髪型 ) 7 金・銀細工、花などの装飾品 
    注;「カンベン・グリンシン」の名称を良く聞くが スカート用のグリンシン布の意。
Thai TOP plus2