インドネシアの暮らし

back to Floor Guide 2/3
インドネシアの最東部の島・チモール 
西部は然程に危険を感じない 
戦闘機の緊急発進は日常だが
  インドネシア バリ島の有名なバリ・クタビーチ。観光客目当ての物売り・マッサージ屋・インスタント刺青屋が徘徊する。皆んな熱心。遠景の突端に飛行場がある。離着陸時は素敵な光景を楽しめる
  インドネシアの国内線航空会社「メルパチ」。噂に違わず フライトスケジュールはアテに出来ない。搭乗手続を受付終了後 出発時刻を過ぎた頃に 突然 「今日は飛ばない」だけの対応。現地人は 慣れっこなのか 何事もないかの如く飛行場を去り 帰路につく。 乗客が少ないので 間引きしたとしか感じられなかったが。 海岸で座り込み 子供達の歓声を聞く。
子供達が 近寄ってきて しばらく 相手をして頂いた。
 インドネシアのこの島では 昔ながらの神を信じた習慣の一方 植民地時代の西洋人感化によりキリスト教も根付き 立派な教会も。 夕陽に映える 海岸沿いの十字架の墓は 魅力的だった。  インドネシア フローレス島の田舎の島の市場風景。 自分で織った絣を着て たっぷり大き目なので 肩まで掛けることも。一種のコートの役割も。一つとして同じ柄・色はなく 丈夫に作っているようだ。 
Thai TOP plus2