ラオスの織り

back to Floor Guide 3/6
一台の機(ハタ)を お母さんと半分づつ使って スカートのティン・ジョクを織っている。 
向こう側がお母さんで 楽しい会話をしながら。
白・黒2色の幅の狭い布で 2枚の綜絖だけの簡単な織物だが 小さな手で織っていた。
年齢は 10才。
家の軒先で 陽をしっかり受けとめて織る。こんな染織作家風景が あちこちで 見られる。
町のハズレで 現地人以外の人間が うろついていた?ので 不審がられて 
かなり 警戒されてしまった。写真を撮るのも 近くには 寄れなかった。
年の頃 12才程度かな。
パーヴイャンを ジョク技法で織る。この家では 母親 祖母 姉妹3人と従姉妹1人で
 光りが射し込まず 薄暗い中 織っていた。 
こんな年頃から 日常生活の一つとして家族と伴に 自然に 織りを覚えていく。 
まさに 民族固有 染色体・DNAの為せる業を 実感。
雑貨屋の店先で 店番をしながら 合い間に コツコツと 織る。
これも 幅は狭いが ティン・ジョクを織っているでも 実に器用に なんの衒いもなく 
淡々と 織り続ける。 家計費稼ぎなのだろう。 
年は 11才と言ったが 最早 立派な染織作家だ。
模様部分が少ない 簡単な パーヴィヤンを織る。お母さんが 時々 出来具合をチェック。 
16才から22才までの8人のお姉ちゃの間に 挟まって。 
年は 若干 9才。お母さんも その頃から始めている由。
姉妹3人の 一番上のお姉ちゃん。年の頃 12才程度。
経糸の 経継ぎを。でも この家には 機(ハタ)が 無かった。 
多分 どこかの織り人の 下請けなのだろう。
aos home laos3