ラオスの織り

back to Floor Guide 4/6
全て ラオス南部・サラワン県産の布地。
スカート、カーティアウという褌等 少数民族独特の布。南
部は 民族間交遊が盛んで 布の模様も融合化 
ラオス南部での 織物風景。  
経糸を 腰に結んで 脚の力で 張力を維持する。
長年の間に 足指は 機に合わせて 変形している。
木綿糸は自家製だが 今は 染めは化学染料を使用。
ラオス南部では 珍しい垂直紋綜絖での織り。
郊外を サイクリングしていた時に 偶然に出会った。
紋織りだが 模様が微妙に歪んでおり 
この人の技術は低位で布を分けてもらう気には ならなかった。
  ビーズを使うのは ンゲ(Nge)族では 一般的な手法。
緯糸に通したビーズを 色々な模様に合わせて 
経糸の間に 一つ一つ挟み込みながら 打込んでいく。  
サラワン県の観光カレンダーの一枚。 背景は タッローの滝。
元々 スカート用の布だが 最近は 緯糸を浅く打込み 軽くして シャツにも応用。
丸1日 染め織りを ご教示戴いた オバサン達。
次回は ここに寝泊まりする約束をしてきた。色々な民族が混在して居住する村で 
各民族独特の織り手法・模様が カップリングされてしまった。
laos4 home laos2