ラオスの染め

back to Floor Guide 5/6
マクルア(マクルゥア) (Ma Klua、英語名 ebony、コクタン) の実による 
ラオスでの絹糸の natural dyeing作業
  左のコクタンの実で 染められた絹糸
木に生息する貝殻虫の一種のラックカイガラムシ(Lac タイ名: Krang)  による
ラオスでの 絹糸のnatural dyeing 作業。
 カンボジアでは 長い内戦により このラックが生息できる
環境破壊が大きく その復興にも取組んでいるそうだ 
  左のラック で染められた絹糸
ラオス北西地方で 自宅の裏庭で栽培する カイコ用の木の葉  葉を食べるカイコ 
 桑の葉を食べ始める前の時期のカイコと食べ始めた
カイコの呼称が違うことをと教えられたが 聞き取れなかった
 「世界遺産」、ルアンプラバン(ルアンパバン)のシンボルでもある 
ワット・シェントォーンの「ホー・ラーサ・ロット」の入り口。

 強い夕陽の陽射しで出来たヤシの木の影が なんとも情緒を。
必死にアングルを探した努力の成果
  ヴイエンチャンから バスで 6,000キップ 4時間程度の村「バンビエン」を流れる
ナムソン(川)に架かる竹の橋。

ルアンプラバン(ルアンパバン)に向かう白人観光客の溜まり場。
日本人観光客も多いらしく レストランの入り口には「日本語」の文字POPも。

 1991年発行の「地球の歩き方 Frontier」には バンビエンまで 1日1便 料金500キップ、
乾期で 約5時間半、雨期なら 10時間はかかるだろう との記述。

そして 山中でゲリラの動きが活発であり 「街から離れないこと」 との忠告も。

 
 
 「ヴィエンチャン、バンビエン、ルアンプラバン、パックモン、ウドムサイ」間を陸路(バス)走破したことにより、

 「ムアンシン、ルアンナムタ、ウドムサイ、パックモン、ノンキァウ、
ヴィエンカム、ヴィエントン、ナムヌーン、サムヌア」の西から東へ、

 「ポンサリー、ムアンクゥア、ウドムサイ、バックモン、ルアンプラバン、バンビエン、
ヴィエンチャン、タケーク、サバンナケート、パクセー、アタプー」の北から南へ、

2000年の1年間で 十文字に陸路(バス)完全走破を達成した。

laos3 home laos1