ラオスの織り

back to Floor Guide 6/6
ラオス・北西部の町近郊で手紡ぎ・手染め・手織りの絹ショールをバックに。
可愛い女性ですが 子供が一人います。後は彼女作の草木染めの絹ショール。

フトンの下から 大事そうに出してきた。タイ・ルー族の女性。
  日本の昔ながらに 住居の天井裏で蚕棚によるカイコ育て。
この家は黄金色の蚕でなく 白い蚕を育てていた。

目的もなく 郊外をブラブラ 数時間の散歩の途中に見つけた。
チョーと呼ぶ 
ラオス独特の形をした竹のマブシ(蚕の揺り篭)に感動
織りに模様を作るための 垂直紋綜絖熟練が要求される キットと称される織り技術   左の写真・織りのお姉さん 後ろは彼女の作品で 私のコレクションになっている。
現地では着用する人がいない高級品であり ヴィエンチャンの金持ちの礼装用として出荷の由。
若い時から 織りに従事する。この国・ラオスでは田舎の娘が自立できる唯一の方法 永年 織りに従事している。この後 再訪した時に 
ここで織っていた布(パーヴィアン=ショール)を分けていただいた。
しかし この叔母さんの作品は ちょっと織りが粗雑。 経験だけでは超えられないものも。
男性用のスカート=パーサロンの絹織物産地と 人伝えに聞いて 
何とか辿りついた南西部の片田舎の町。
住居の床下には 織機が 母と娘が織りの合間の談笑。
よそ者 それも外人が こんな村にということで 
一瞬 不審者扱いを受けたが 現地語で何とか対応し 歓待を。
 ラオス・南東部の町・普段着を織る。
この地の布は 現地のバイヤーが ほとんど買い上げて ヴィエンチャンに運ぶとか。
ヴィエンチャンの商社を紹介された。歓待され 貴重な水が出されたが 
茶色く濁った川の水で 体が疲れきっていた状態だったので 丁重にご遠慮を
home