ラオスの暮らし

back to Floor Guide 1/6 地図
そして  << 変 遷 かつて
今は 日本の援助で パクセー・メコン川に 橋ができ 便利になりました。
元の 桟橋は 最早 用が なくなりました。さびれる 一方 です。
旧フエリーボートを生かした 水上レストランが 浮かぶ のみ です。
橋の袂には 巨大な市場が 出来上がっている し。 いまは もう。
フェリーしか ラオス・パクセーから タイに渡る手段は ありませんでした。
旅客はもちろんのこと 貨物車は のんびりと 乗船の順番を待っていました。
その待つ間の人々のための 周りに市場が 存在し にぎわって いました。
2003/12に 「セコン橋」という立派な物がセコン川・アッタプーに 完成しました。
往来が活発し、あちら と こちら では 何の相違も感じません。
橋の真ん中に立って 川の流れを見ています と かつての 筏の姿が 陽炎の如く 浮かびます。
ラオス南部の町 サマーキーサイ・アッタプーのセコン川。
対岸に渡るためには 太い丸太で作られた筏(いかだ)が主役でした。
船頭は 必死に 上流に向って 漕ぎ 後は 川の流れを利用して 対岸へ。
川の手前と あちらは 全く 別の世界でした。
数年後には 素敵な男性と出会い、3か月前に お母さんに なりました。
もう たくましい しっかりとした 女性に 変身していました。
この旦那と 一晩中 酒を飲みながら お祝いを してしまいました。
友達と一緒に 雑貨店の番をしながら フイルム現像写真アルバムを 楽しむ年齢でした。 ラオス・アッタプーの町の 花も恥らう 乙女でありました。
patch home  laos3