ラオスの暮らし

back to Floor Guide 2/6 地図
ラオス/ポンサバンの南 ムアンクゥンにある タット・チョンペット。現地人は タット・フゥーンと言う。 
1899年の調査では25,000人住んでいた華やかな町だったが 
1970年の米軍の爆撃で荒廃し 今は 閑散。 あちこちに 爆弾による傷跡を見かける。
ラオス/ムアンクゥンにある 16世紀のワット・ピア・ワット。
現地人は 今も 熱心に参拝に訪れる仏像だが 爆弾で大きく破壊されてから 
年々の傷みが 急速で 見る影もなくなっている。
ポンサバンのメイン・ストリート。 ある日突然 日本で言う憲法記念日の8月15日の垂れ幕が 掛かった。
施行10周年記念らしい。 ヴィエンチャンでは 祝典パレードを見た。
ポンサバンの中心部風景
生鮮市場から 日用品市場・バスターミナル方向を見る。
奥にビア・ラオの広告看板がある。生鮮市場前の屋台で買った 肉まんは おいしかった。
雨期のラオスの道路は あちこちで この状況。
下から登って来たトラック・バスが立ち往生。乗っていた白人女性2人が バスを降りて裸足で 
深くぬかるみながら 坂の上まで マイペーンライと大声で歩いて行った。
ポンサバンのG/Hの物置小屋の柱。
米軍が落とした爆弾の殻を使っている。鉄骨使用の頑丈な建物と思えば
 こんな使い方もある ものかと。
有名な観光地のラオス/ジャール平原。これはトン・ハイ・ヒンで 観光客にはSITE 1と名付けられている。
丘の中に洞窟があり まっすぐ上に 穴があって いかにも煙突の風情。 ムアン・クゥン、トンハイヒンへの移動情報は こちら へ。
patch home  laos3