ラオスの暮らし

back to Floor Guide 3/6 地図
パービャンを織っているお姉ちゃんと その弟。"写真撮っていい?" 弟は 顔を隠して「イヤダ」。
ポケットに入っていた ノド飴を "あげるから"。
「イイヨ」 照れている表情です。 汚い手を使って ゴメンネ。
突然の土砂降りに会ってしまい 市場の中の食堂でラオ・コーヒー を飲みながら雨宿りの最中。 
歳の頃 70と思うが 凄まじく 元気に物売りをしていた おばあちゃんを じっと 見つめ続けていた。
全身 真っ黒に日焼けして 水遊び。 
注入口をビニール袋で閉じた 古いポリタンクを 
浮袋・浮き輪代わりにして。川の流れに乗って行く。
 何時間見つめていも 時間が経つのを 忘れてしまう。
お母さんの姿を狙っていたが 寝ている娘に 小声で 写真撮られているよと。 
娘は 薄目を開けて うーんと 寝返りをうって顔を隠す。
母は 微笑んだ。
そんな 光景です。 ラオス/サムヌアで。 母は 経継作業の最中。
おすましで カメラ目線。撮影後のデジカメ画像を見せてあげた。
この後 急に 部屋の中に掛け込んで行った。
そして 自分の気に入っている服(?)に着替えてきた。 写真を撮ってと。 
女心は いつも どこも 同じか!!
ラオス/入場料4,000キップ・ジャール平原の受付嬢(?)
ある機会に仲良くなったトゥクトゥクで 前日に ここを目指したが 坂を上る馬力が足らず 
諦めて 引き返す途中に 乗ってきた女性がいた。
 ジャール平原(トン・ハイ・ヒン)に行こうとしたが ダメだったと話すと その女性は ニコッと笑った。 
翌日に 馬力充分のソンテオで再挑戦して着いた受付に 当の女性が。
 「待っていたよ」との表情。
patch home  laos3