ラオスの暮らし

back to Floor Guide 4/6 地図
 穏やかな水面の セコン川。 上流方面を見る。乾期でもこの桟橋から アッタプーまで 船で下れる。
雨期には 左隅に見える岸の上まで 水量が。
偶に 通りすぎる船のエンジンの音が 静寂を打ち破る。
洗濯場であり お風呂であり 遊び場でもあり。
  ラオス南部 ボラバン高原で コーヒー豆の天日干し作業。
ラオスとタイ東北地方で飲む「カフェラオ」は この地の産。
パクソンコーヒーとして 輸出もされる。市場で このコーヒー豆粉は 500グラム強で 5,000キップ。
ここでコーヒーを買おうとすると
「ネスカフェ」瓶入りを勧められる。高級コーヒーはインスタントでも 外国製と信じ込んでいる
年末 ラオス南部の水田風景。
枯れた茶の色から 緑の色に変化する 節目の時期。この近くには 
綿花の栽培がされていて 丁度刈り取り時期だった。
  ラオス南部 ボラバン高原で良く見る 住居。
  これは 立派な部類。床下では 腰織機で 布を織る。
近くに 日本のNGOによる 井戸が掘削されている
   2000年8月 日本の経済協力で開通した メコン川に架かるパクセーの橋。
有料道路で 歩道も併設。これまではフェリー・渡し舟での渡航。
この橋を利用して タイ国境まで 1時間程。
長年利用した桟橋は 急速に 賑やかさを失った。 
市場の中で 小さい姉妹が手作りしながら 売っていた。
あまりにも 姉妹の姿が 微笑ましかったので つい 買ってしまった。
 松飾りならぬ バナナ葉飾り。仏棚に 対で飾る。
  先端に付いている白い花は ジャスミンとクローバー。
対で  500キップ 7円程度のもの。 家族の貴重な副収入だ。
laos4 home  laos2