ラオスの暮らし

back to Floor Guide 6/6
 メコン川を挟んで こちらがタイ北部・チェンコーンで 対岸がラオス・フェーサイ。
 ここから船でメコンを下り ルアンプラバンに向かう 白人観光客が多数。 ミャンマー・ヤンゴンから 
チェンマイ行きの飛行機で同乗したスイス人の 一人旅おばさんと再会した。

 乾期しか通過できないはずだが フェーサイから 一気にルアンナムタを目指した。
 ラオス最北部の寺院・ピーマイラオ(ラオス正月)での 聖水拝領は子供達の役目・楽しみ・晴着の子も。
早朝から 子供がゾロゾロと 水の入った入れ物を持って 歩いていくので 何かしらと 連いていった。
上の樋から水を注ぎ 途中 黄色に染まって下に流れてくる水を汲んで 家に持ち帰る。

お寺では 専門業者も居たみたいだが 家族・親戚一同が談笑しながら
先祖の墓を白いペンキで塗ってお化粧直し・墓掃除に一生懸命。微笑ましい。
  ラオス北部の町・ポンサリーの喉かな日差し。路上は子供達の格好の遊び場。
スリッパ投げ遊びを 繰返し 日が暮れて お姉さんに 諌められるまで続けていた。
 北から南に流れるナムウー川の川下り。
道路が遮断される雨期には唯一の交通手段。
その年により 水量が少ないと 運航中止との情報があったので 前日に 必死に運航状況を確認。
  ラオス東北部山村の子供たち・興味津々の顔。

 日本から来たと声を出してみたが 「日本」NIHONの二字は 難しかったみたい。
不思議な顔が返ってきた。トラックの荷台に乗って9時間後の暫しの休憩中
 ラオスの古都・ルアンパバーンでのメコン川。 支流カーン川との合流地点。
 最近では 日本からのツアー客も見かけるが。寺院でのピーマイラオの祈りの最中に 
土足で上がり 断りも無くカメラのフラッシュを向ける日本人も。
東北部の寺院での現地音楽練習風景。
寺院の行事には不可欠なケーン、キムなど民族楽器の名手。
端のラオス人は きれいなフランス語で話しかけてきた。
その後、ここを再訪したが 当時 側に座っていた子供が
 大人びた子になっていたのには 驚いた。  
ラオス・南東部のアッタプーでの雑貨屋・店番の娘
日本人を生まれて初めて見たと言って 屈託なく笑ってくれた。
友達と映した写真アルバムを 大事そうに 見ていた。
  ヴィエンチャンでのメコン川夕焼け。 タイ東北部対岸のシーチェンマイを望む。
 1999年9月下旬・雨期の終わり頃で水量たっぷり
ここ5年程で 川岸はスッカリ整備され 立派な屋台街になった。
  ラオス南部のベトナム国境近くの村。 朽ちた戦車・ロケット発車台が放置されており 
未だに戦争の傷跡が。。近くの小学校を訪れ 
持っていた鉛筆1ダースを先生にプレゼント。喜ばれた。
家族が生活している立派な住居です。
 laos2 home  laos