ミャンマーの織り

back to Floor Guide 1/4
インドから ミャンマーに もたらされたとされるアチェイク模様の織り風景。 二人がかりで 模様を織りこんでいく。 タイでも 横幅の広い布を織るのに二人がかりを見たことがある。 アチェイク模様の絹織物は こちら のページを 筬(おさ)を 木の棒で動きを止めて こつこつと
綜絖は 平織と同じ 2枚だけ使用。杼だけで アチェイク模様をつくる。 顔には 自然化粧品/タナッカーを塗って
杼(シャトル)の形も 経糸を掬い易いように 独特の形をした 小さい杼を使って模様を織る。 指は使わないが これも ジョク技法と言うのだろう 隣りの物置の片隅では
綜絖通しを 二人がかりで
小さい杼 その数 1人40から50個を操作する。二人が一筋を 小さい杼で模様を織りこむと 横幅一杯に 緯糸を1本通して 二人で筬で打ちこむ。横幅の広い布を均一に 打ち込むのは簡単ではないと思う 二人の呼吸はピッタリ アチェイク模様の織りこみ過程。
これは 経糸は どうみても日本産か 中国産。 経糸 緯糸 双方をミャンマー産絹糸使用の布は しっとりした風格があり 実に 高価なものである
TOP