ミャンマーの織り

back to Floor Guide 2/4
 絣の「括り」作業。木枠の上に置かれている 絣布の模様を見本にして 丹念に 糸を括り上げていく。 インドネシアでは これと同様に 木枠を立てていたが タイでは 木枠を寝かせて 括る方法が一般的に思える。  コーまたはルアンと呼ばれる技法で 織りこむ緯糸の色毎に 小さい杼・シャトルを 使い分けて 平織で模様を織りこんでいく 根気を要する作業。 この布は タイのメーホンソン、メーサイの市場でも 売られていた。
 ミャンマーで 最もカラフルな衣装の民族の一つと言われる パラウン(Palaung)族の 腰機用の整経作業風景。お茶の栽培と共に 女性の重要な仕事。  竹製の「伸子」(しんし、幅出し器、Temple)。織り布の上に置く方法 下に置く方法、 全く使用しない等、形も様々なものを 見た。
 織りあがった絹布の経糸を 器用に捩って 房を付けていく作業。  両端に象の模様が織りこまれている コットンシーと呼ばれる 木綿布を製作中。25〜30枚の糸綜絖を使用する機も。シーツ、ブランケット等に使用されている。もちろん 顔には 自然化粧品「タナッカー」を。
TOP