ミャンマーの織り

back to Floor Guide 3/4
ミャンマー 織り。糸立て(Bobbin rack)を使っての 整経作業。
整経台の周りを何度も往復するのは 老人にはツライ?
 ミャンマーの織り。色取り取りの108本の糸を 無数に開いた木板の穴(緒巻箱)を通して部分整経機に巻き取って行く。
  木・布帯等で補修・補強して 今でも現役の旧式自動織機。 機械には 「HIRANO SEISAKUSHO,NAGOYA」の刻印が4個のシャトルを交互に送り出しながら 中国産の糸を編んで行く。 全員 総がかりでの 整経作業。凄まじい長さの経糸を 大きなドラムで 整経していた。
TOP