ミャンマーの織り

back to Floor Guide 4/4
糸を作る仕事は 年輩者。 ここは分業化していて この作業のみを1日中繰返す 相当枚数の糸綜絖で 複雑な地模様を作っていく。
糸綜絖は ミャンマー語で ナッチン。
簡素・単純な機織りは ミャンマーの家庭で普通の風景。凄まじく年季の入った 骨董品的な機(ハタ)も。 杼(ミャンマー語でロワン)を飛ばす装置のバッタンは ミャンマーでは 極めてポピュラー。自動織機の前身。
  腰幅の狭い布なので スカートを作るには 3枚分を縫い合わせる。多数の家族が 体育館みたいな一つの屋根の下で生活する。

同じ村で孫一人と暮す老夫婦の住居を訪れた際 3人の写真をポラロイドで撮ってあげたが、おばあさんは既婚者正装用の腰リングを わざわざ 着装してきた。 私達が死んでも 孫は この写真で思い出してくれるだろうと感激して ポラロイドを仏棚に。外人が偶に訪れ写真のモデルになるが 1枚も自分の写真を持っていないということだった。
確かに こんなミャンマーの山奥まで 例え 外国から郵便で 送ってあげても この国では 届くハズがない。 
凄まじく横幅の広い布・織物を織り上げる。ムラ無く織るのは相当の熟練技術。
ミャンマーでは 低コスト・無動力の大量生産 ?
  ミャンマー。布幅の狭い 肩掛けバック織りは 簡単な仕組み・作業。緯糸の打ちこみは 包丁にビニールテープを巻いたものだった。バックを縫製する前のパーツ布を譲っていただいた。  ミャンマー パコクで 男性スカート用の布を織っていたが 突然 経糸を切って 1枚分をプレゼントしてくれた。杼(シャトル)を飛ばすレッディーを握っている。。
TOP