ミャンマーの暮らし

back to Floor Guide 1/7
ミャンマーだけではなく タイ ラオスでも 現地の人の信仰の対象である お寺には 外人は 観光目的・物見遊山で出向くのは 
失礼との思いが強く 非礼の無いよう、信仰のお邪魔をしないよう、極力遠目で 参詣させていただいている。
ミャンマー マンダレー最大のパゴダ マハムニパヤ(Great Stage Paya)、
パヤジィーともヤカインパヤとも。信心深いミャンマー人で 境内は溢れている。
外人は 入り口で4ドルを支払う。
マハムニパヤの仏像は 高さ約4mの青銅だが 信者により金箔が貼り付けられ 
その厚さは 15cmにも。マンダレーには沢山あるようだが 訪問したことのあるお寺は ここだけ。
ミャンマーでは 何せ派手な電飾の仏像も 各地で見受ける。
タイでは お寺の中に通ずる階段の前で 靴を脱ぐのだが 
ミャンマーでは 境内の門・入り口で靴を脱ぐ。 床のタイル等が熱せられていて
足が火傷するのではと思われたり、地面の小石で足裏が突き刺さる感じの時もある。
たまたま 年に一回の その町最大の お寺のお祭りに 幸運にも 
出くわすこともある。マリオネットの素敵なショー・劇の美しさに 感動させられた。
広い 広い ヤンゴンのシュエダゴンパヤ。 何せ50近い見所があるようだが 
一つ一つの意味合いを すべてを理解するには 相当の訪問回数を 要求されるようだ。
ミャンマー ヤンゴンのボウタタウンパヤ。 ボウ=兵隊 タタウン=1000、
塔の高さは40m。 第二次大戦中に爆破され 以前と同じ形で 再建されている。
TOP