ミャンマーの暮らし

back to Floor Guide 3/7
ミャンマーのある村のお寺の前での寄進風景。 
村中の人がたくさん集まり 特別な日のようだった サングラスをした僧は 相当な高僧。
人垣の裏では "ボクわかんなーい"。。。おねえちゃんが 裸足の弟の子守りを。
 弟の顔には たくさんのタナッカーが。
 女性の着ているロンジーは 化繊・プリント柄が主流になってきた。
普段着には 安くて 綺麗で 丈夫で 洗濯容易なのだろうが
ミャンマーでは良く見うける馬車タクシーのドライバー。 
顔の皺と穏やかな表情が 年輪を。
シャンシャンの鈴の音 馬を操るかけ声、馬の体臭 馬糞の匂い なんとも言えない揺れ。 
メイミョーでは 西部劇の駅馬車に似た 立派なボディーを付けた馬車に乗った 風情があった。
仏教の信心深いお母さんの自宅で。 
今日からは 食事内容に制限はなくなったとして 近所の奥様たちと 食事パーティー。
私も 隣りの特別テーブルで お仲間に。朝 昼 夜と3食 ミャンマー料理をご一緒に。
ミャンマー マンダレー 近郊 アマラプラのタウンタマン湖で 水浴びと洗濯の女性。 
失礼な話だが ロンジーを上手く使い 肌を見せず 身体洗いと着替えをするが 
本当に 手馴れている。3月と9月では 湖の水量が全く違う
2000年に訪問した時は お母さんのお腹の中だったのに ね。 
顔のタナッカーは 日焼け止め 虫除け 肌荒れ防止 等 
ベビーパウダー代わりに 常用されている。
TOP