ミャンマーの暮らし

back to Floor Guide 5/7
  アメリカ留学生のオーストリア人女性は 同じ留学生の男性と結婚した。
一国の王子と知らずに。政変により夫は逮捕。追放同然にアメリカに戻った。
そんなドラマのある屋敷。
シーポーの町女性は 「Twilight over Burma」という自伝を書いた。
  右の女性が顔に塗っている白い粉は 「タナッカ」と呼ばれ
ミャンマーの女性が 伝統的に使う自然?化粧品。
水を湿らせた専用の独特の石板で 木をすりおろし ペースト状にして 顔、腕、手に塗っている。
「タナッカ」に使用する木を 市場に買いに行く女性に付き合ったが
 良し悪しがある様で 1本買うのに 3時間要した
ミャンマー マンダレー近郊 アマラプラ町の ウー・ペイン橋
長さ 約1kmの 200年前に造られた 湖に架かる木製の橋で 
トラックバスに乗って辿り着いた町。橋を渡って戻りは ボートで。
  「シェルー」と呼ばれる ミャンマー風葉巻の手作り風景。
火が消えやすく 消えたことを気付かないことも しばしば。
色々な味があり バラ売り 束売りがある。バラ売り5本で 10チャット 3円強。
安い紙巻タバコ「Vegas」20本入り 60チャットより格安。
タイ北部の町でも見つけた 10本束 5バーツ 10円強。
輪をくぐり抜ける猫が居ることで有名な ミャンマー インレー湖のお寺。 
確かに 色々な高さの輪をくぐり抜ける猫の餌は 高価な外国製キャットフードだった。
しきりに 信者がDonationするらしい。
ミャンマー バガンの対岸の町の シェルー工場経営の一家族。
ロンジーの前に布を巻きこんで出来ている団子の形には 
流行もあり 年齢により好みが違うそうだ。
この団子の中に 器用に紙幣を入れて巾着代わりにも。
「ラペットッ」という 食べるお茶を ご馳走になった
TOP