ミャンマーの暮らし

back to Floor Guide 7/7
  ミャンマー/首都ヤンゴンの中央市場前で10時開店を待つ若者。一見 軍政下とは思えない喉かな風景。氷の塊が溶けて水になるのを 木綿布フィルターを通してカップに受けて売っているワンショットがおいしい。   ミャンマー ヤンゴンの中心部にあるスーレーパゴダ。周辺には小さな屋台が たくさん 安くて美味しい。 でも だんだん 屋台の数は少なくなってきている。
  ミャンマー インレー湖。ボートが交通手段である湖の上の住居。水量の増減に対応している。
農業が主体の生活。丸5日間ボートをチャーターし たっぷり生活に溶け込んだ。
ヤンゴンにある 「聖なる」を意味する有名なシュエダゴンパゴダ。
外人観光客からは高額な入場料を取り立て 外貨稼ぎ。
ミャンマー ピンウーリンです。あちこちの町の中心部には時計台があり 
個人の柱時計・腕時計はあまり見かけない。
晩酌には 安上がりの「ジン」と「ミリンダ」(要は炭酸)にお世話になった。  
 ミャンマーの各地で見かける 托鉢をする全員裸足の僧侶の集団。 
各戸が丁寧に寄進する 敬虔な仏教国。 
外人を見ると、時に 「マネー」と手を出してくる子供の少年僧には コラコラと 諭したはくなるが。
周辺の山岳民族が行き交う ミャンマー東北地方の町の路上市場。
市販の安価なプリント柄・機械織り布による衣服が 蔓延ってきている。
 トラックの荷台を改造したバスはいつも満杯。 公共のバス便は無く 
タクシーでしか到達無理だ との G/H主人の 忠告を無視して 
地元民に聞き回り 目的地方向へ やっと 乗っかれたバスです。
ミャンマー カロー周辺の山奥で生活するパオ族の昔ながらの住居。
2か月前に完成した新築。家族3人が住む。
インド系ガイドの案内でお邪魔させていただいたが、ガイドからの お礼は「丸薬」だった。
ミャンマーのある町で 竹カゴを編んで現金収入稼ぎ。
カマ1本で 大中小 色々な形を いとも簡単に 作り上げていく。
TOP