あちこちの観光地では 外人相手の 土産用Tシャツが売られている。しかし これを 日本に持ち帰って 友達にプレゼントしても あまり 喜ばれず 自己満足を 押しつけているのではとの 気後れがつきまとう。フランス、ハワイ等欧米物であれば 何かの機会に着用・使用していただけるのではと思えるが 特に アジア物は。といって これを旅の途中で着て歩くのも passers-by の 看板を背負っているみたいで 必要なTシャツは 日常品市場で買うことにしている。

 でも 特に 現地語のロゴが入っているTシャッを見ると 数枚は 持ち帰りたくなる衝動に苛まれることがある。土産用でもなく 自身用でもないし 大人用のTシャツは 旅のリュックには嵩張り 後々 衣装ケースへ収納した際もスペースを取るので 子供用の小さいサイズを選ぶことにしている。

 シドニー・オリンピック開催が決定した頃 バンコクのTシャツ専門店で 「シドニー・オリンピック」のタイ語ロゴが入っているTシャツの有無を店員に尋ねたが 全て 英語ロゴであった。そもそも タイ語ロゴ入りのTシャツ自体が 皆無だった。最近 やっと 観光土産用で タイ語ロゴのTシャツを 見かけるようになった。
パーテットラオ ソーポーポーラオ
表示は 「パーテット・ラオ」(ラオス国)のラオス語。
ラオス全国地図と 各地の観光名所のイメージ絵が。
これを広げながら 旅の説明をすると話が弾む。
 表示は、「ソーポーポー・ラオ」(正式名:ラオス人民民主共和国の略称)のラオス語。
国旗が 美しいので つい。
パトゥーサイ インデイートォンハップ
 表示は、「パトゥーサイ」(ヴィエンチャンの凱旋門、旧称:アーヌサワリー)のラオス語。
タイ語のSより ラオス語の このSの形が 好きだ。
表示は、「インディー・トォンハップ」(welcome・ようこそ)のラオス語。
ヴィエンチャン・タートルアンのイメージ。
ビアラオ  
言わずと知れた ビアラオのTシャツ。
これを着て歩いている外人旅行者を良くみかける。
ビアラオが 最近 カールスバーグと資本提携したと聞いたので 生産設備が増強されるのだろう。
patch7 TOP laos